x264guiEx 2.48v2

※x264guiEx 2.48 v2に更新 (2016.12.09 23:48)
GoogleDriveからのL-SMASHのダウンロードが、以下のエラーによりダウンロードできなくなっていたので、OneDriveに切り替えた。

"最近このファイルを閲覧、ダウンロードしたユーザーの数が多すぎます。しばらくしてからファイルにアクセスしてください。アクセスしようとしているファイルのサイズが非常に大きい場合や、ファイルが多くのユーザーと共有されている場合は、ファイルを閲覧、ダウンロードできるようになるまで最大 24 時間かかることがあります。24 時間が経過してもファイルにアクセスできない場合は、ドメイン管理者にお問い合わせください。"

うーん。

バージョン情報は取れるけど、zipファイルはエラーというケースがあるとは思っていなかったので、サーバーの切り替えがうまく動作しなかった…。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

x264guiExの導入>

ソースはこちら>>



スポンサーサイト

x264guiEx 2.48

・旧ニコ動用プリセットを削除、設定ファイル名等整理。
ついに新仕様が一般会員にも適用されてしまった

ビルド情報 (2016.12)

要望があったので、x264の10bit版を上げておきました。右側の「いろいろ」からどうぞ。ついでにx264afsも更新しています(2744+1417)。



他の方が開発されていて、うちで(勝手に)ビルド・公開させていただいているもののビルド情報を更新するとこんな感じ。

l-smash
VC++ 2015 Update3 + [LTCG]
※VC Runtime不要

x264 (x86/x64, 8bpp/10bpp)
gcc 6.1.0 + [fprofiled]

x265 (x86/x64, 8bpp/16bpp)
VC++ 2015 Update3 + [LTCG][PGO]
※VC Runtime不要
PGOビルドってなにとか、そのやり方についてはこのへん

x264afs (x86)
gcc 6.1.0 + [fprofiled]

自作のその他のソフトはすべてVCビルドだけど、古いのだとVC2013/VC2012/VC2010などが混ざっていると思う。



x264を細かく見るとconfigureの結果はこんな感じ。

platform: X86_64
byte order: little-endian
system: WINDOWS
cli: yes
libx264: internal
shared: no
static: no
asm: yes
interlaced: yes
avs: avisynth
lavf: no
ffms: no
mp4: lsmash
gpl: yes
thread: win32
opencl: yes
filters: crop select_every
lto: no
debug: no
gprof: no
strip: yes
PIC: no
bit depth: 8
chroma format: all


どうということはない普通のビルド。簡易インストーラ用なので、lavfとかをonにする気はありません。


QSVEnc 2.59

[QSVEncC]
・chapter読み込み時にtrimを反映しない--chapter-no-trimオプションを追加。

[QSVEnc.auo]
・簡易インストーラを更新。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(約234MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


FFXV + PS4 Pro

昨日FFXV DeluxeとPS4 Proを買ってしまいました。まあ、平日はあまり進められそうにないので、のんびり進めていこうかなあ、という感じ。

実際、発売日(昨日)買ったけど、ちょっとしかできてなくて、そもそもまだ体験版が終わるとこまでも行ってない。

ただ、まあグラフィックはさすがに綺麗だし、切り替えのない広大なマップは素敵。ストーリーは…2時間じゃまだ全然わかんないけど(笑)。

それに、FFXIIIとかLRFFXIIIのバトルシステムも好きだったけど、FFXVのバトルシステムもシフトとかがなかなかよくて、それなりに楽しめそう。
プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR