x264guiEx 1.36

ご要望への対応その1。
chapterファイルをmuxすることを選択し、しかしchapterファイルが存在しない時に、L-SMASH remuxerやmkvmergeを使用したmuxでも、とりあえずmuxは通るようにした。

チャプターをmuxするよう指定した時、何らかの原因でチャプターファイルがないと、そのままではmuxに失敗してしまう。mp4boxでmuxする場合、x264guiExでは事前にチャプターファイルがあるかチェックして、なければwarningを出しつつ、チャプター用コマンドを削って、動画・音声のmuxは通すようにしてる。

この機能がmp4box専用になっていたので、L-SMASH remuxerやmkvmergeにも対応した、ということ。


ご要望への対応その2。
x264guiEx.iniにmp4alsrm23.exe(MPEG4 ALS)用の設定を追加。
※これを使用する場合、L-SMASH remuxerを使用するなどしてください。



ダウンロード>>

x264guiExの導入>


スポンサーサイト

x264afs 2184+659

のんびりと更新。



ダウンロード>>


x264guiEx 1.35

要望のあったものの追加。

v1.33で追加した、上限ビットレート指定について、自動計算される余裕の大きさを設定できるようにした。
その他の設定から。

通常のx264guiEx.iniの代わりに専用のx264guiEx.iniを使用することで、muxerとしてmp4boxの代わりにL-SMASH(remuxer)を使用することもできるようにした。
L-SMASH remuxerに対応して、音声alacも普通にmuxできるようにして欲しいという要望があったので。
使用法が多少ややこしいので、続きに詳しく書きました。よくわからない人はこれまでどおりmp4boxを使用してください。

・その他細かい修正。

※今回はx264guiEx.iniも更新が必要です。
といっても通常のmp4box用での変更は、
[SETTING_MUXER_TC2MP4]

base_cmd=" -i "%{vidpath}" %{au_cmd} -o "%{muxout}" %{tc_cmd} -O " -brand mp42 %{ex_cmd} %{tmp_cmd} ""

base_cmd=" -i "%{vidpath}" %{au_cmd} -o "%{muxout}" %{tc_cmd} -L "%{mp4muxerpath}" -O " -brand mp42 %{ex_cmd} %{tmp_cmd} ""
だけなので、上の一行を書き換えてもらえればOKです。



ダウンロード>>

x264guiExの導入>


x264guiEx 1.34

いろいろ機能を追加した。

エッジレベル調整 v5 + avisynth版

おまけとして、エッジレベル調整のavisynth版を作ってみよう、と思い立った。


で、思い立っていろいろいじってたら、Aviutl版の方で最適化できるところ思いついた。これを反映したのがv5。といってもほとんど変わらないけど、このほうがいいかなと。

また、v4までは、縁が(2,3,2,2)になってしまっていたので、(2,2,2,2)に変更。

ついでにreadmeの説明を書き加えた。

ここまでAviutl版エッジレベル調整v5の話。次にavisynthのほう。

エッジレベル調整 v4

黒補正・白補正時に閾値が低下していたのを修正。

閾値の判定を、補正の計算を行った後にやってしまっていた。

たびたびバグ修正してすいません…



ダウンロード>>



ご指摘ありがとうございました。

Windows8 Consumer Previewをちょろっと

3/1にWindows8 Consumer Previewが出てるので、試してみた。(3/1~3/2)
Win8 CPのインストールISOはこちらから。

VMWare Playerにインストールした。

Windows_8_26

金魚(?)。
Win7のときも金魚の壁紙だったなあ…

エッジレベル調整 SIMD化 (修正版, v3)

前回の黒補正・白補正が壊れていた問題を修正。

ご報告ありがとうございました。

…テストするときに補正0でチェックするアホさ加減でした。申し訳ないです。

前回のものでも補正0ならば問題ありませんでした。



ダウンロード>>



MT化 + SIMD化でだいぶ速くなったはず…。

エッジレベル調整 SIMD化

引き続き高速化。

128bit-AVX, SSE4.1, SSSE3, SSE2 のそれぞれの段階で作ってみた。

使用出来る中でもっとも速いものが自動的に選択される。



ダウンロード>>
バグがあり、公開停止中です。すみません。
v3で修正しました。こちら>>




今回はSSE4.1で結構速くなると思う…pblendw/pblendvbが嬉しい。
SIMD命令を探すにはIntel Intrinsic Guideが便利。

エッジレベル調整 ネイティブMT化

ネイティブでMT化すればいいじゃない…ということだったので。

勝手にやってみた。

強制MT化により上下にずれる…とかが解決するはず。

上下にずれる問題の調査・報告してくださった方、ありがとうございます。



ダウンロード>>



問題ありましたらコメント欄にでも。
プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR