x264guiEx 1.52

いろいろ変更したり。

使用上はあんまり変わらないけど、コードは久しぶりに大量にいじった気がする。

スポンサーサイト

x264guiExのプロファイルについてのいろいろ

よく考えたら、きちんとした説明書いてなかった…。

というわけで、いまさら…、という感じがしなくもないけれど、x264guiExのプロファイルの保存とかについてと、付属しているサンプルプロファイルの設定について。

x264guiEx_profile
クリックで拡大

「プロファイル」をクリックで出てくるリストから、プロファイルを選択・ロードできる。

「新規保存」で、現在の設定を新しいプロファイルとして保存。一覧に追加される。

「上書き保存」は、プロファイルを選択した状態で、そこから変更を加えた場合にその変更を上書き保存する。

「削除」は、選択中のプロファイルを削除する。



次に、付属のプリセットについて。

以前から言ってるけども、付属のプロファイルはあくまでおまけなので、不要なら捨てて、自分なりの設定を保存してくれればと。

自分なりの設定をばんばん保存していって、必要なときに呼び出すと便利に使えると思う。多くなってきたらフォルダ整理とかもできるので…。x264guiEx_stg以下のフォルダ構造が反映される。

続きに付属のプロファイルの詳しい話。

x264afs 2208+677

というわけでr2208。r2207は短命であった。

x264guiEx 1.51は要らない子に。まあ、そのほうがいいです。



ダウンロード>>


x264guiEx 1.51

x264 r2207(以降)使用時の進捗表示を改善。(なんかあれはへんだ)

まあ、これだけ。

r2207の表示はコンソール上では綺麗なんだけど、ウィンドウタイトルとして進捗表示を行うguiExではちょい工夫してやらないといけない。

まあ、綺麗かそうでないかは好みの問題だけども。

2012.07.19追記
あー、r2208がでたおかげで、要らない子になった。まあ、コンソールタイトル不自然だから…。別にx264 r2208 + x264guiEx 1.51でもちゃんと動くけど、無駄な処理やってるだけなんで、そのうち消します。



ダウンロード>>

x264guiExの導入>


2012年7月アニメ

タイトル通り、2012年7月アニメについて…

x264guiEx 1.50

自動フィールドシフト時に発生するかもしれないエラーを回避。
エラー報告を頂いたので。
timecode mux時にfpsに基づいて時間分解能を指定するように。
tc2mp4mod で -T, -bを指定。
timelineeditorで --media-timebase, --media-timescaleを指定。

もとのfpsが29.97fps (30000/1001fps)以外の場合に発生しうるエラーを回避する。

・共通置換文字列を拡張。



※mp4box用iniファイルに記述ミスがあり、afs時にmuxできない問題をv2で修正しました。
ダウンロード>>

x264guiExの導入>


QSVEncとIntelドライバとWindowsUpdate

またまた、Intelドライバについて。

QSVEncで、L-SMASHでmuxするとおかしなことになることがある、というコメントをいただき、muken氏に修正してみていただけることに。ありがとうございます!

QSVが厄介な形式(multi sample description、以下type-A)で出力することがあるようだ。(詳細はQSVEnc0.07のコメント欄)

しかし、こちらの環境ではこの問題は発生していない(type-B)。また、コメントいただいた方もドライバを更新したら問題なくなった、とのこと。出力形式がドライバの更新で変化したということで、暫定的に運用面からの回避法の検討としてその条件を探すべく、いろいろ調べてみた。

それでドライバの入れ替えを繰り返していたら、WindowsUpdateのあやしい挙動を発見…してしまったかも。こっちが本題?

QSVEnc 0.07

QSVEncにも最近のx264guiExの更新(L-SMASH対応、faw2aac.auo対応)などを。

今回、muken氏にL-SMASH muxerを更新していただき、PAFF H.264/ESをインポートを強化していただきました。

ありがとうございます!

mp4/movでのPAFFの扱いは難しい、というか厄介とのことで、なんか申し訳ないのですが、おかげでmp4でインタレ保持で普通に再生できるようになりました。

x264guiEx 1.49

バグの修正。
・%{chpath}が一時ファイル名を元に作られてしまっていたのを、出力ファイル名からに修正。よも様、ご指摘ありがとうございます。

・L-SMASH muxer使用時にraw音声mux後にまれにエラーが発生する可能性があったのを修正。おそらく普通は大丈夫だとは思うけども、念のため。



ダウンロード>>

x264guiExの導入>


x264guiEx 1.48

・faw2aac.auoがあれば、fawclがなくてもFAW処理できるように。
ご指摘をみかけたので。

しかしまあ、例のロダが休止状態なので、入出力ともにfawclがなくても大丈夫になってよかった。



ダウンロード>>

x264guiExの導入>


プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR