P67なんて、要るわけない

SandyBridge買っちまったの続き。

SandyBridgeといえばQuickSyncVideo(QSV)。それ以外にない。
QuickSyncVideoの使えないP67なんて要らない子なのです。

…と言ってみたが、QSVを使わない人も多いだろうし、要らない子ではないだろうけど。
まあようはZ68買っとけと。

ともかく、i5 2500でのQSVを使用したエンコとx264エンコの速度比較。
さていろいろ調べると、QSVを使った出力にはいくつかあるらしい。

TMPGEnc Video Mastering Works 5
MediaEspresso 6.5
LoiLoScope2
Aviutl + MP4出力QSV v1.1
など。

で、更に調べると
・MediaEspressoに比べると、ほかはあんま速くないらしい。
・まあQSVって画質は微妙らしい。(x264に比べると)
なので、その辺も検証してみる。

環境
Win7 x64
Core i5 2500 @ 3.4GHz(定格) + H61, 4GB RAM
Aviutl 0.99j

動画ソースは
ゆるゆり OP を一回1440x1080pエンコードしたものを、再度UtVideoに保存しなおしたAVI。
1280x720p, 2156frames, 1分30秒

比較するのは
MediaEspresso6.5
LoiloScope2
・Aviutl + MP4出力QSV v1.1
・Aviutl + x264guiEx 1.05 + x264.nl版 x264 r2074 x64 8bit
・Aviutl + nulloutによるデコード速度測定

各設定は…

MediaEspresso6.5
詳細設定で…1500kbpsに設定出来なかったので2000kbps。

LoiloScope2
mp4QSV出力で、1502kbpsに設定
(トラックバーなので切りの良い値に合わせづらい)

MP4出力QSV v1.1 Aviutlフィルタ無し
VBR 1500kbps / Max 10000kbps に設定

x264 r2074 x64 Aviutlフィルタ無し
--crf 23 + 各種--preset

nullout Aviutlフィルタ無し
Aviutlでひたすらフレーム取得だけを実行して、時間計測する。
デコード速度っぽいものに相当するはず。
AvisynthのAVISourceとかのほうが速いのかもしれんが、気にしないことにする。
少なくとも、Aviutlではこれ以上の速度はでない。



どのくらい速いのか



結果。
fpsがエンコ速度。
bitrateがエンコード後のビットレート。
qsv_speed

QSVはそれなりに速い。Loilo除く。
MediaEspressoが一番速く、Loiloはわたしの設定が悪いのか…遅い。
と思ったら体験版のせいかなんか焼き込んでるし、色も変だし…うーん。

x264は設定によって速度がこんなに変わるし、これはi5 2500での結果なので、i7 2600Kとかならもっといい数字が出ると思う。ただ、fastな設定とかあんま使わないんで…




画質はどうなのよ?



次に、画質はどうなんだという話。
以下、一部を切り出して表示。クリックすると少し大きな画像が出るので、タブ切り替えとかで比較するとわかりやすいかも。

まあビットレートが同じじゃないので単純に比較はできないけど。

1passでレートをきれいに合わせるのはかなり厳しい。今回のメインは速度比較であって画質比較じゃないのでまあこんなもんで。個人的には2passにはあまり興味ない。

original
yuruyuri_original_s

MediaEspresso 6.5 QSV fast 1750kbps
yuruyuri_espresso_fast_s

MediaEspresso 6.5 QSV quality 2000kbps
比較した中ではもっともビットレートが高いけど、そのぶんそこそこ綺麗。
yuruyuri_espresso_best_s

LoiloScope2 QSV fast 1485kbps
色が変だし、輪郭崩れすぎ。
yuruyuri_Loilo_fast_s

LoiloScope2 QSV quality 1485kbps
これも同様。上よりかはマシ。
yuruyuri_Loilo_quality_s

MP4出力QSV fast 1383kbps
輪郭のところとか,髪のグラデが不自然な気がする。
yuruyuri_mp4qsv_fast_s

MP4出力QSV quality 1364kbps
上よりはすっきりした。
yuruyuri_mp4qsv_best_s

x264 r2074 fast 1352kbps
全体的にそこそこだが、ところどころ変なノイズが…
yuruyuri_x264_fast_s

x264 r2074 medium 1342kbps
比較した中で1500kbps以下では一番いいかも
yuruyuri_x264_medium_s

x264 r2074 veryslow 1066kbps
圧縮率が高すぎ(ビットレートが最低)、逆にmediumより汚い?
yuruyuri_x264 veryslow_s



レート分配チェック



BitrateViewerで調査。ちなみに今ダウンロードリンクが切れててダウンロード出来ないみたい。

MediaEspresso6.5
なんか平らなCBRっぽい感じ。
bitrate_espresso

LoiloScope2
これも同様。
bitrate_loilo

MP4出力QSV v1.1
VBRに設定できたので、ダイナミックに動いている。
ただ、AverageBitrateの線(グラフ中の折れ線グラフ)をなるべく一定に保とうとしていることもわかる。このへんが1pass ビットレート指定の特徴だろうか。
bitrate_qsv_mp4

x264 r2074
x264のcrf。レートが大きく変化して、品質をうまい具合にしてくれる。
bitrate_x264




QSVハードへの負荷



ところで、公式ではないもののここにあるように、QSVは1920x1080を標準品質でエンコードするとMaxで170fps出るらしい。

つまり、まだ余裕があるはず。QSV回路使用率っぽいものがIntel GPA内のMedia Monitorでわかるらしいので、調べてみた。

見方としては、
一番上がGPU全体の負荷。
左側が、GPU EU とやらの負荷。GPUの一般的な演算部のこと。
右側が、たぶんQSV回路への負荷。MFXって書いてある。

リストに出てくる「ENCODE」というのがエンコが与えてる負荷だと思う。
「VPP」ってのはVideo Preprocessing、エンコの前処理のことで、ようは色形式変換とか、リサイズ、ノイズ除去…とかのこと。

いずれの場合も「ENCODE」がかなりGPU EUを使っている。
エンコードはすべてQSV回路でやってるかと思いきや、そうでもない…のか?

MediaEspresso6.5
わりと負荷が安定せず、大きく変化。
QSVへの負荷は見た目で平均すると11~12%。
VPPってのが唯一オンなのでこいつのせいで色が変なんじゃないだろうか…
GPA_espresso2

LoiloScope2
QSVへの負荷はだいたい見た目5~6%と低く、ほかの処理で詰まってるんじゃないかなと思う。GHAL3DってのがGPU EU側で活動しているので、よくわからんがなんらかの前処理をしているのかもしれない。
GPA_loilo

MP4出力QSV v1.1
シンプルに「ENCODE」だけが動いてる。QSVへの負荷の平均は見た感じ10%前後。
GPA_MP4outqsv

こうしてみると、

・QSVハードはわりと遊んでいる。

・そこまでの処理の速度で全体的な速度が決まってるっぽい。

・GPU EUを使っているのなら、i5 2500のようなHD Grpahics 2000(EU数6)より、i5 2500Kとかi7 2600KとかのHD Grpahics 3000(EU数12)のほうが速いんじゃないかという気もするけど、噂ではそういうことはないらしい。まあi5 2500のEU数6でも余裕があるので、変わらない、ということなのだろうか。

みたいなことが想像できる。




終わりに




長くなって疲れた。

とりあえずこんなもんかな。

正直1passでビットレート指定は厳しい。
ビットレート指定ならやはり2passしたいし、
1passなら固定品質っぽいものが欲しい。

というわけで次はsample_encode使って固定量子化量を使う話をする…かもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

検証お疲れ様です。
なるほど・・・ソフトによっていろいろと変わってくるのですか。
画質がちょっぴり劣るということなので、もう少ししてエンコード速度が安定して130fpsとか出せるようになったら購入してやってみたいです。


さて、話が変わりますがGUIについて少し不具合?らしきものがあったので報告させていただきますね。

・「シングルパス -ビットレート指定」が選択後反映されない。
再現性は不明です、申し訳ありません。

症状は「シングルパス -ビットレート指定」に設定してウィンドウを閉じ、もう一度入ると「マルチパス - Npass」になってしまうというものです。
左下のデフォルトボタンを押して一度設定をクリアすると改善しました。

Re: No title

気づきませんでした…ありがとうございます。
修正しました。

QSVについて…
あまり書きませんでしたが、
速度もそうですが、ソフトによって使いやすさが違うので、
体験版をためしてみるのは重要だと感じました。
LoiloScope2はちょい使いにくいかもでした。
…慣れの問題なのかな…
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR