もうプライマリじゃなくても怖くない QSVEnc 0.02

いろいろやって、QSVEncをIntel 内蔵GPUがプライマリじゃなくても動くようにしてみた。

その前に、Z68で遊んでみたこととか、Intel内蔵GPUを2nd GPUで動かす方法とか。

Z68にしてみた




H61マザーを売って、Z68マザーを買ってみた。
AsRockのZ68M/USB3というやつ。

そいで、内蔵GPU(iGPU)を2ndとして使いたいので、なんか別にグラボが必要。

というわけで、昔使って封印していたGeForce 8600GTを掘り当てて(探しだして)、くっつけてみた。

なので、Sandyマシンはこんなかんじになった。

Win7 x64
Core i5 2500 + Z68 (AsRock Z68M/USB3)
4GB RAM(そのへんにあった2GBx2)
GeForce 8600GT (GDDR3 256MB)
320GB HDD(そのへんにあった外付けから引っペがしたやつ)

8600GTって4年ぐらい前のミドルレンジのはずだから…あ~弱そう。そもそも最近のローエンド以外のGPUにはほとんどある外部電源コネクタがない。最近GPUって性能もどんどん上がったけど、消費電力もどんどん上がったってのを実感する。
とりあえず今は試せればおkとしよう。




Intel 内蔵GPUを2nd GPUとして動かす



iGPUの電源が落ちてしまうと、当然QSVはどうやっても使用できない(P67の状態)。

裏を返せばiGPUの出力が何かに繋がっていればiGPUの電源を入れておくことができるので、iGPUのアナログVGAをモニタにつないでおく。

一度BIOS(ってかUEFIだっけか)からiGPUをプライマリにして起動して、Intel Graphics Driver 8.15.10.2509を入れ、その後はUEFIからPCI Express(ようはdGPU)をプライマリGPUに設定する。

これで2nd GPUとしてiGPUが動く。

ちなみにうちでは内蔵GPUの出力も8600GTの出力も同じモニタに出力するなんちゃってマルチモニタ。

もちろん、Windowsに入ってからもプライマリGPUは切り替えられる。
デスクトップを右クリック > 画面の解像度から入って「こちらのディスプレイをメインにする」とかすればいい。




いろいろいじった感想とか



っていうかVirtuの使い所って?
内蔵GPUと外部GPUを両方動かすのが難しいからVirtuが必要なんだと思い込んでたけど、なんか普通にできてしまったのだが…まだよくわかってない。

Z68にしてよかったのは"K"付きじゃなくても4段階OCできたこと。4コアTurboMax 3.4GHzが3.8GHzまであがった。電圧オートだと電圧が自動的に上がって熱くなったんで、UEFIのoffsetという項目で下げて行ってみたが、-0.2Vぐらいしても余裕で動いてる。もっと下げられるかも。

Sandyでは4.5GHz常用って人もいると聞いて驚いてたんだけど、1.03~1.05Vで3.8GHzが動いてるから、もっとしっかリした電源とマザボなら4.5GHz常用も全然いけるんだなと思う。個体差はあるだろうけどSandyすごいなあ。

ところで、最近のGPUってのはアイドル時はちゃんとクロックとか電圧とか自動的に下げてくれるもんだけど、8600GTともなるとそんな機能もなく、アイドル時も全力で回ってた。昔使ってた頃は気付かなかったけど。なんとなくGPU BIOSいじってアイドル時はクロック落とさせた。

もうひとつ。
以前リモートデスクトップするとQSVが使えないって書いたけど、調べるとTrueRemoteだと大丈夫らしいと出てきたのでやってみたら、見事動いた。有線LAN内なのでさくさく動く。無線LANとかネット越しだとどうかわからんけど。

TrueRemoteはWindowsのリモートデスクトップより(主にリモートされる側に)負荷がかかるけど、そんなに大きなもんでもないし、Aeroの半透過もそのままなので嬉しい。Windowsのリモートだと半透過が切られてしまうので、半透明大好き人間としては寂しい物があった。




QSVEnc 0.02 スクリーンショット



・Aviutl 0.99j + QSVEnc 0.02

・QSV + HW VPP 作動中
・アダプタ 0 (つまりプライマリGPU)として、GeForce 8600GT で NL-Means Lightが動いてる。(8600GTのGPU Loadが90%以上)
・8600GTが残念なため、そこが律速になって、QSVの威力を発揮しきれていない。(CPUやMFX使用率が低い)
みたいなことがわかる。
QSVEnc02Sample
クリックで拡大


そもそもQSVエンコ時に重いフィルタ処理をするのはQSVの利点を殺してしまうんで現実的でないけれども、こんなことも出来る、という参考程度に。

まあこんな感じで、プライマリじゃない内蔵GPUを使用できるように改良した。
特になんか指定する必要ななく、自動的に検出できる。
※エンコの途中で切り替えないものとする。




QSVEnc ダウンロード>>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもお世話になっております。
QSVEncにソフトウェアエンコードモードもあるということに今更気づき、
動作保証外上等で5年前のノートPC(CeleronM423)、WinXP SP3という環境で
ちょこっとだけ試してみたところ、無事エンコードできました。

「ビットレート指定か固定量子化量か」「どのMP4Boxを使うか」で
色々変わってきましたのでこちらに報告してあります。
いまいちまとまりが悪いですが、もしよければご覧下さい。
  http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/avi/1252765934/237-241
MP4BoxのバージョンによってMuxに失敗するというのはreadmeにも書いてありましたし、
既にお気づきかもしれませんが、こんな挙動もありましたということで。
とりあえずご報告のみ。

Re: No title

QSVはどうも環境による差が激しく、よくわからん事だらけです。

特にQSVの吐くH.264 raw(ES)とmp4boxの相性はかなり悪いようで、昔のだと黒い画面になるようです。
おそらくmp4box 0.4.5だと間違いなくおかしくなると思います。(0.4.6ならまだまし)

ビットレート指定でおかしくなる、というのはどういうことなのか…うーむ。

No title

とりあえずビットレート指定の場合でもPOP氏の0.4.6 rev3544や
L-SMASH r403でのMuxには少なくとも見た目上は問題なさそうですし、
QSVやMP4Box自体に何らかの問題が隠れているなら
今後Sandyスレやら海外のフォーラムやらで話題になるでしょうから
その時まで放置でいいのかなーと思いますw
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR