ビットレート計算とkとKとKi

ビットレートは表記の意味によってちょい変わるかもよ、という話。

私みたいにほとんどcrfでばっかエンコする人には関係ないけど、ビットレート指定でエンコする人には重要かもしれない。もっともみんなご存知だとは思うのだが、x264guiEx 1.xxで簡易ビットレート計算機を作ったので念のため。
ビットレートってたいていkbps(kb/s, kbit/sec)で表すけど、
PC関連の"k"はクセモノだったりする…という話。
k と K と Ki があって 1000のことだったり、1024のことだったりする。
で、意味を取り違えると、ちょっと計算がずれることになる。

なので実際に計算して調べてみた。
以下でてくるソフトのバージョンを書いとく。
x264 r2085
真空波動研Lite 110813
MediaInfo 0.7.50


x264のログに
encoded xxxx frames, xx.xx fps, xxxx.xx kb/s
って出てくるけど、あの"k"は1000。(つまり 1kb/s = 1000b/s)

ついでに真空波動研のkb/sも同様で、k = 1000。

実際に音声なしのmp4動画を出力してチェックすると、
x264 2012.35 kb/s
真空波動研 2012.35kb/s, 長さ 1:30.023
この時、8bit = 1Byteとともに計算して、

( 2012.35(kb/s) × 90.023(s) ) × 1000(b/kb) / 8(b/B) / 1024 (B/KB) / 1024(MB/KB) = 21.596(MB)

これがファイルサイズ 21.6 MB (22,671,170 バイト) にほぼ一致することから確認できる。(ファイルサイズが計算値よりわずかに大きいのは、mp4コンテナの分だろう)


一方で、Windowsのファイルサイズは
1024 B = 1 KB
1024 KB = 1 MB
1024 MB = 1 GB
1024 GB = 1 TB
こいつのせいで 2TB HDD を買っても Windowsからは 1.82TB あれぇ~みたいなことになる。

ファイルサイズ関連でわざわざ大文字にしてある K は 1000 ではなく 1024 を意味することが多い

多いってのは違うのもあるってことで、MediaInfoは違う。
ファイルサイズを xx MiBと書いているし、実際に計算してみても

MediaInfo的には
Ki = 1024
K = 1000
の模様。


まあそんな感じで、ビットレートで細かい値を気にするなら、k とか K とか Ki の違いに気をつけましょう。そして特に K は書いた人によって意味が違うかもしれないので注意。


最後に、x264guiExでは簡易ビットレート計算機などもすべてkbps表記にしてあり、k = 1000。ファイルサイズは1MB = 1024KB = 1024×1024Bとして計算しています。特に問題ないはず。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kBとKiB

SI接頭辞と分けるためにIECが決めたもの。
1024単位の場合はKiBやMiBを使うことを推奨しています。
…とはいえ、古くからやってる人はなかなか難しいんですがね……

Re: kBとKiB

キビバイト、なるほど。
たしかにSI系でもM(メガ)以降は大文字になるので大文字小文字だけでは区別できないですものね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR