x264guiEx 1.20

x264の--fullrange → --input-range + --rangeに対応
x264の更新によってx264cliのほうでrangeの変換ができるようになったわけだけど、x264guiExの場合はrangeの変換はAviutl側でやったほうがいいと思うので、--rangeは変換しないautoを想定してる(x264のdiffに if the output range is not forced, assign it to the input one now とある)。
--input-rangeについては、x264guiExはraw渡しなので --input-range auto とすると (output-csp i420/i422/i444では)tv(圧縮レンジ)になる。

「指定した自動ログ保存先が存在しません。動画出力先に保存します。」というメッセージを誤って表示してしまう問題を修正。
ご報告、感謝です。

謎のmuxエラーへの対策第2弾。
shakunin様に頂いた報告により、どこでコケるかはっきりしたので、ちょこっと小細工してみた。どうだろう…?




ダウンロード>>

x264guiExの導入>



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Esc閉じの要望を出した者です。
対応していただきありがとうございました!

メモ欄のPSPの項目が「720x480,30fps以下/AAC-LC 128kbps以下」となっていますが、音声のレート縛りはないと思います。
必須条件は「--profile main --b-pyramid none --level 3(720x480の場合。480x272なら2.1)」でAAC音声、かつ「Format profile が MP4 Base Media v1」だけかと。

手元で試してみたらなぜかv1ではなく MP4 v2 になるため非対応動画になりますが……。

エラー報告

更新ご苦労様です

今回1.17から1.20に入れ替えました
1.17で--fullrange onのコマンドが1.20で--input-range pcに変更になりましたが64bitX264r2106でエラーとなりましたので報告します

追記

64bit core 120 r2120で確認したところエラーは出なく成りました
r2120以前のリビジョンの場合はコマンド欄に--fullrange onを記載して対応中ですが何か良い解決法はないかな…

muxエラー

「映像一時ファイルのサイズ取得に失敗しました。muxを行えません。」というエラーがたまに発生します。muxエラー対策とあったので、今日、1.20にUPしたのですが、古い時と同様に発生しました。654x480というサイズが悪いのでしょうか?うまく行く場合もあります。音のないmp4ファイルと変な音のm4aファイルが出来ています。 5時間近く掛けてエンコードしたのですが、mux以降の処理のみ再度やり直す方法ってあるのでしょうか。 あるいはその対策などあればご教授お願いします。

auo [info]: converting YUY2 -> nv12p, using SSE2
auo [info]: arguments passed...
--crf 23 --frames 112625 --input-res 654x480 --input-csp nv12 --fps 30000/1001 -o
"H:\capture\VHS1\950527.mp4" "-"
raw [info]: 654x480p 0:0 @ 30000/1001 fps (cfr)
x264 [info]: using cpu capabilities: MMX2 SSE2Slow SlowCTZ
x264 [info]: profile High, level 3.0
:
:
encoded 112625 frames, 6.66 fps, 1852.73 kb/s
auo [info]: x264エンコード時間 : 4時間42分18.4秒
auo [info]: NeroAacEnc で音声エンコードを行います。 AAC-LC ビットレート指定, 0kbps
auo [error]: 映像一時ファイルのサイズ取得に失敗しました。muxを行えません。
auo [info]: 総エンコード時間 : 4時間52分22.4秒

以上、宜しくお願いします。

No title

>PSP
なるほど。ありがとうございます。
x264guiEx.iniのmp4 muxコマンドの"--brand mp42"を外せば良いのですが、MP4v1かv2か選択できるようにしたほうがいいかもしれませんね。うーむ…。

>fullrangeとinput-range
基本的にx264guiExを更新する際にはその時のx264の最新版に合わせるようにしています。さすがに以前のものにも対応することまでは考えてません。

>muxエラー
報告ありがとうございます。なんでそこで失敗するのかよくわからないのですが、次はもうちょっと小細工して改善を図ってみます。

さて、muxのやり直しは以下のようにします。
コマンドプロンプトで
"<mp4boxへのパス>" -brand mp42 -add "H:\capture\VHS1\950527.mp4"#video -add "H:\capture\VHS1\950527_audio.m4a"#audio -new "H:\capture\VHS1\950527_out.mp4"
を実行します。

No title

MP4 v1のbrandはmp41
--brand mp41

PSP

1です。すいません、勘違いしてました。
PSPは ref=3 以下じゃないとダメだったようです。
--preset slow だと ref=5 が初期設定になるので気づきませんでした。
weightpは影響なし。なので --preset slow の場合は「--profile main --b-pyramid none --ref 3 --level 3」が最小限かなと。
MP4 BaseMediaは関係なかったようで、v2でも再生できました。
ご迷惑をおかけしました。

(MP4 v1のbrandはmp41 ですが、BaseMediaはisomですね。あるいは無指定)

Re: muxエラー

muxのやり直し方法ありがとうございます。 音声付mp4を生成出来ました。ただ、エラーが出た際に作られていた_audio.m4aは音が変です。とりあえず、音声のみ出力をチェックし、m4aを作り直してみました。同じaviファイルを入力にしていますが、正常な音声となりました。サイズもNG版が6M、OK版が58Mとかなり差が出ています。なのでneroAacEnc上の何か問題ではないかと...。
一連の処理をバッチにしたいと思いますので、参考までにm4aを作るコマンドをご教授頂けますでしょうか。 (設定はディフォルトのままです)
後、パイプ処理にチェックが入っています。2passの方が一般的なのでしょうか。音質はさほど気にしておりません。もし、エラーになりにくくなるような設定などあればお願いします。

No title

保存名に半角の「#」を使うと全角の「#」で出力され映像と音声を合成するときにエラーが出てしまうので修正してもらえないでしょうか

よろしくお願いします

Re: muxエラー(情報追加)

エラー時のm4aの音声が変(サイズも小さすぎ)だった為、「neroAacEnc上の何か問題ではないかと...」と書きましたが、正常な音声が生成出来ている時も同様のエラー表示がありました。以上、情報追加まで。

No title

>PSPについて
PSP持っていないので、情報助かります。PSP用の設定を更新したいと思います。

>muxエラー
まず、m4aのコマンドですが、
"<neroaacencへのパス>" -lc -br 128000 -if "<wavファイル>" -of "<m4aファイル>"
みたいな感じです。("<>"は適当に置き換えてください)
音質をさほどきになさらないのであれば2passでなくていいと思います。パイプ出力のせいでエラーが起こりやすいということもないはずです。
このエラーの起こりにくい設定というのは特にないです、すみません。

空き容量不足によってmuxに失敗するのを防ぐためにファイルサイズの取得をしてチェックしているのですが、どうもファイルサイズの取得に失敗することがあるようで、その結果muxに失敗してしまうという本末転倒なことになってしまっているようです。申し訳ない。このへんは次回更新できちんと対処したいと思います。

>もこ様
むしろ「#」を「#」にしてエンコードしないとmp4boxがきちんとmuxしてくれないのですが…
別の原因(たぶん上にあるファイルサイズ取得関連の問題)なのではないかと思います。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR