API v1.1でも、v1.3でも、動くんだよ QSVEnc 0.04

というわけで、API v1.3(Intel Media SDK 2012)に仮対応。

…まだ問題があるので、「仮」は外せない。すみません。

ほかには
・libmfxsw**.dllの更新
・APIバージョンの取得と表示
・x264guiEx 1.27~1.33の追加機能の取り込み。
・QSVEncC.exeで標準出力(stdout)に出せるように。
・QSVEncC.exeでVC++2008再頒布可能パッケージを不要に。


Intel Media SDKとAPIの対応関係

API v1.3 … Intel Media SDK 2012 (Intel Media SDK v3.0)
API v1.1 … Intel Media SDK v2.0 (←これまでの)

あと、Intelのグラフィックドライバにlibmfxhw**.dllが入っていて、これが重要。くわしくはこちら (Intel 2626ドライバ)



API v1.3の新機能

API v1.3では、色に関する設定+αが可能になった。colormatrix, colorprim, transfer, fullrange, videoformatなど。ただし、fullrange, videoformatは問題なく反映されるものの、なぜかcolormatrix, colorprim, transferは反映されなかった。これについてはもっと調べてみる。

また、Intel曰くAPIv1.3で高画質化・高速化されているとのこと。

さらに、AVBRモードというのが追加になった。より柔軟なVBRのようなもの。「AVBBR計算幅」を大きくするとさらに柔軟になる…ようだ。でも、固定量子化量(CQP)で十分な気がする。



API v1.1でも動く

APIのバージョンチェックをして、インストールされているdllがAPI v1.1でもv1.3でも動くようにした。(当然APIv1.3にしかない機能はv1.1では使えない)



QSVEnc.auoの変更点

基本的にx264guiEx 1.27~1.33での更新内容を手動コピペで反映させたもの。

- 安定性の向上。
- STAThreadAttributeを指定。
- ログウィンドウの大きさを保存。
- muxを行っていない場合に「エンコ後バッチ処理」に失敗するのを修正。
- 録画後バッチ処理のバッチファイル指定欄のドラッグドロップ対応。
- 音声エンコで単純なWAV出力に対応。
- 設定ファイル保存処理の改良。
- ファイルサイズ取得の改良。
- 設定画面とログウィンドウでフォントを変更可能に。
- QSVEnc.iniのoggenc2コマンドラインを修正。強制的に44.1kHzになってしまっていた。
- QSVEnc.iniにqaac/refalac用設定を追加。
- QSVEnc.iniにAnonEncoder用設定を追加。



QSVEncC.exeの変更点

前回(0.03)でx64版は静的リンクにしたわけだけど、x86版でもVCランタイムを静的リンクにして、VC++2008再頒布可能パッケージを要らなくした。

QSVEnc.auoは.Net Frameworkを使う以上、このような静的リンクにはできないので、どうしてもVC++2008再頒布可能パッケージも必要になってしまう。

個人的には.Net Framework 2.0~3.5/4.0を入れるのも、VC++2008/2010再頒布可能パッケージを入れるのも苦にならないのだけど、嫌いな人もいる(インストールに時間がかかるのでめんどくさいのかな?)ようなので、QSVEncC.exeについてはVC++2008再頒布可能パッケージ不要にしてみた。

また、ご要望の反映として、-o -で標準出力(stdout)に出せるようにした。




QSVEnc ダウンロード>>




さんぷる
SampleQSVEnc004
環境
Core i5 2500
Win7 x64 SP1
Intel 2626ドライバ (API v1.3対応…のはず)
QSVEnc 0.04
Aviutl 0.99k2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

stdoutへの出力

stdoutへの出力に対応していただいてありがとうございます!
動作確認できました。

--vbr --cbrなどについて(QSVEncC)

vbrやcbrを使ってみようとしているのですが、
"Error: Unknown value for vbr"などと表示されてしまいます。
パラメータの指定方法は"--vbr 800"のような指定でいいでしょうか?

ソースを見てみたところ_stscanf_s()で見ているstrArgumentの中身が_T("");になったままだから?な気もしてきました。

時間のある時に確認していただけるとありがたいです。

Re: --vbr --cbrなどについて(QSVEncC)

バグでした、すみません。修正しました。
コマンドは普通に--vbr 800でOKです。

Re:Re: --vbr --cbrなどについて(QSVEncC)

修正ありがとうございます。無事にvbrでエンコードできました。

dll の不具合?設定ミス?

QSV便利に使わせていただいてますが、V4に同梱のdllで
ドラマをエンコした所、ブロックノイズ出まくりますが設定の問題なのでしょうか?

デフォルトでやってますが...1/30日のVerに入れ替えたら
出なくなりましたが。
SDK v 1.3 とは表示されてます。

こちらのミスでした

どうも、すみません

QSVenc 二重登録になってました、一つ削除してdll もどして
ちゃんと変換されました。

気に障ったら、コメント削除してください。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR