x264guiExのプロファイルについてのいろいろ

よく考えたら、きちんとした説明書いてなかった…。

というわけで、いまさら…、という感じがしなくもないけれど、x264guiExのプロファイルの保存とかについてと、付属しているサンプルプロファイルの設定について。

x264guiEx_profile
クリックで拡大

「プロファイル」をクリックで出てくるリストから、プロファイルを選択・ロードできる。

「新規保存」で、現在の設定を新しいプロファイルとして保存。一覧に追加される。

「上書き保存」は、プロファイルを選択した状態で、そこから変更を加えた場合にその変更を上書き保存する。

「削除」は、選択中のプロファイルを削除する。



次に、付属のプリセットについて。

以前から言ってるけども、付属のプロファイルはあくまでおまけなので、不要なら捨てて、自分なりの設定を保存してくれればと。

自分なりの設定をばんばん保存していって、必要なときに呼び出すと便利に使えると思う。多くなってきたらフォルダ整理とかもできるので…。x264guiEx_stg以下のフォルダ構造が反映される。

続きに付属のプロファイルの詳しい話。


高速 / バランス / 高画質



普通の1pass crfエンコの汎用設定例。

正直実写とかはx264のデフォルトからあまりいじらずに、設定画面左下のプリセット - 速度(--preset) だけいじってロードすればいいと思う。



アニメ(高画質) / アニメ(高圧縮)



アニメでx264の--tune animationはちょっと…ということで作った設定。なにが問題かというとあれref×2とか入ってるのでエンコがやたら重くなるのと、個人的にはあれはかなり高圧縮寄りの設定で、高画質向けにはもう少し違う設定のほうがいいかな…と思う。

なので、--tune animationから、refを減らしたのがアニメ(高圧縮)。

HD/fullHD解像度とかで、--crf 20の高画質寄りの設定がアニメ(高画質)。

無論、アニメをがんがんエンコするような方は自分なりの設定があると思うので、サンプルなんて要らないと思うけども。



x264 L-SMASH さんぷる



その名の通りx264のL-SMASH版を使用するサンプル。x264_L-SMASHでmuxしたい場合に参考にしてもらえればと。

mp4box/L-SMASHの外部muxerでなく、x264_L-SMASHの内部muxerを使用するのが目的。「x264.exeの指定」で、x264_L-SMASH版を指定。

注意点としては、このx264_L-SMASHの内部muxerを使用する場合、自動フィールドシフトには非対応です。自動フィールドシフト使用時は外部muxerを使用してください。

ポイントは
・音声先にエンコードにチェックを入れる
・--audiofile "%{audpath}" --acodec copyをコマンド欄に追加
・外部muxerを使用からチェックを外す

こうすることで、音声を先にエンコードし、それを--audiofile "%{audpath}" で読み込み、動画エンコしながらx264_L-SMASHの内部muxerでmuxという形にする。

faw2aac.auo / fawcl.exe を使用する場合はさらにコマンド欄に--ademuxer lsmashをつけたほうが良いかもしれない。(出力がaac in mp4でなく、raw ADTS-AACであるため)

あと、さらに応用としては、
・音声先にエンコードにチェックを入れる
・音声出力をwavに。
・例えば、--audiofile "%{audpath}" --acodec aac --abitrate 128などをコマンド欄に追加
・外部muxerを使用からチェックを外す

として、x264-audioの内蔵音声エンコーダを使用し、x264_L-SMASHのmuxerを使用する、ということもできる。

どうでもいい話をすると、「音声先にエンコード」はもともとx264_L-SMASH用につけた機能だったり。



ニコ動 / ニコ動 プレミアム



上限ファイルサイズ、上限ビットレートなどは設定済みなので、ニコ動に投稿したくて、よくわからん場合には、

・一般会員の場合は解像度1280x720以下に
・Aviutlの色変換[出力]をBT.601(デフォルト)に

なっていることを確認して、このプロファイルを使うといいと思う。(静止画動画除く)

エコノミー回避したい場合は、その設定も用意してあるので、それをどうぞ。

ニコ動用エンコは、再エンコを避けるために、ファイルサイズやビットレートの上限をクリアすることが一番重要になる。そこで上限ファイルサイズや上限ビットレートを指定すれば自動的にそれを守るようにx264の2passエンコードを回すのがx264guiExの自動マルチパス。自動マルチパスについて詳しくはこのへんとかこのへんの下の方とか

ポイントは、
・上限チェック付き自動マルチパス
・上限ファイルサイズを適切に設定
・(一般 or エコノミー回避 時は)上限ビットレートも適切に設定
・colormatrix smpte170mを指定。
・参照距離(--ref)は6まで
・キーフレーム間隔の上限(keyint)は-1(自動)。

あたりで、ニコ動のさまざまな条件をクリアし、再エンコされない動画を作りつつ、flash playerである程度まともに見られる動画を作れる…はず。

つんでれんこさんや夏蓮根さんの設定と比べると、まあ、すこし(いろいろ?)違うけど、…やや重めかな? わたしの場合は細かい設定とかは完全に好みで感覚的に設定してあるだけです。

参照距離(--ref)は16にしないように! flash playerが再生できない場合が多い。



youtube



youtubeにアップロードするときに。

・Aviutlの色変換[出力]をBT.709に (デフォルトではないので注意)

youtubeはyoutube側でどうしても再エンコードがかかってしまうので、なるべく高画質で送ったほうが良い、ということである程度の速度で画質を維持しながらエンコード。flash playerなのでcolormatrixを指定。



iPhone iPod iPad



Apple系製品で再生できる動画を作るためのプロファイル。iPhone 4Sはもってるので、そこでその世代については確認してる。その他は一応Appleのホームページ等を参考に。

上限解像度とかをプロファイル選択欄右上のメモに表示してる。



PS3 / PSP / Xbox360



PS3 / PSP / Xbox360 で再生できる動画を作るためのプロファイル。

PS3は持ってるので、確認済み。あれもファームによるかもしれないけれども。

ほかはネットの情報から作成。



まあ、ざっとこんな感じ。



その他x264guiExに関する記事のまとめとか。
x264guiExの導入>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

muxer

x264_L-SMASHの内部muxerとmp4boxでの外部muxer…これのメリットとデメリット rigayaさんはどう思われてますか? ご意見聞きたいです。*いつも更新ありがとうございます

No title

プロファイル「x264 L-SMASH さんぷる」を選んで
拡張タブの自動フィールドシフト使用にチェックを入れ
アニメのインターレス収録のmpgファイルを自動フィールドシフト
でエンコすると、fpsが30fps固定にされてしまって、音声とズレ
が生じます。
自動フィールドシフトによるfps変化は反映されないのですか?

No title

youtube側での再エンコードではcolormatrix未指定になるようなので、現状のFlash Playerの仕様を考慮すると
Aviutlの色変換[出力]をBT.709にする
のが正解かと思われます。

colormatrixの指定については再エンコードされるので無意味だと思います。が、いつかYouTube側で仕様変更があった場合を考慮すると、一応正しい物を指定しておくのがベターかもしれませんね。

No title

>自動フィールドシフトについて
まず、書き忘れて申し訳ないのですが、x264_L-SMASH内部muxerを使用した自動フィールドシフトには非対応です。自動フィールドシフト使用時には必ずL-SMASH timelineeditor + remuxerや、tc2mp4mod + mp4boxなどの外部muxerを使用してください。よろしくお願いします。

>内部muxer/外部muxer、これのメリットとデメリット
さて、内部muxerと外部muxerの比較ですが…

"muxerとしてmp4boxでなくL-SMASHを使いたい"、ということであれば、x264guiEx.iniをL-SMASH用のものを使用すれば、L-SMASHを外部muxerとして使用出来るので、ここではmp4boxとL-SMASHの比較はおいておいて、単に内部muxer・外部muxerの使用の長所短所について書きます。

内部muxerの利点のひとつは、エンコ時に同時にmuxまで持って行けるので、当然エンコ後のmuxが不要になり、少しでも速くエンコードを終了できる点です。長い動画になればなるほど、時間のかかるHDDアクセスを伴うmux作業は地味に時間がかかります。これを短縮できることは大きいと思っています。

またこれにより、工程数が減り、一時ファイルを作成する必要がなくなることにより、muxに起因するエラーの発生の可能性を減らせると思います。他にはx264-audioの機能を使用出来る、という利点もあります。

逆に、内部muxer使用による問題点として、音声エンコードが先になることにより、動画エンコ開始時にエラーが発生しないか見極めるのに時間がかかる(音声エンコが終わるまで待たなければならない)という点です。これについて、x264guiEx 1.xxでは、エンコ開始時に様々なエラーチェックをなるべく最初に行うことで対処していますが、x264に不正なパラメータを渡してしまった…という場合だけはやはり動画エンコ開始を待たなければなりません。短い動画なら音声エンコは一瞬ですが、長い動画だとそれなりにかかるので、つい設定をミスってたのに気付かず、しばらく待ってたら、エラーで止まってた、とか面倒です。

また、内部muxerの場合、さきほど書いたように、自動フィールドシフトが使用できない、という問題があります。まあ使わない人には関係ないですが、わたしには重大な問題だったり…

あとは、"コマンド欄に追加"が必要、ということもあります。まあ、大したことではないですけれども。

個人的にはこんなところでしょうか…。

>youtube
ああ、ニコ動のエコノミーと同様の問題ですか…なるほど。ご指摘感謝です。

これは正直困った問題で、Aviutlの色変換[出力]を「デフォルトから変えなければならない」ところが問題だと考えています。一見(表示上は)わかりにくい設定であるため、設定ミス(つまり逆にBT.601に戻し忘れたとか)が起こりかねないからです。わたし自身が昔やらかしてましたし。設定戻すの忘れてぷぎゃー。

flash playerは11.1~11.3にかけて、colormatrixの扱いがころころ変わっていますが、flash player 11.4 beta(11.4.400.231 IE active-x)を試した限りにおいては、11.4 betaも11.3同様、colormatrix指定無しの場合はBT.709として再生されるようなので、しばらくcolormatrixの扱いは11.3のような感じで落ち着くのかな…という感があります。(betaですからまだわかりませんが。)

なのでyoutube用も、エコノミーについて考えればニコ動用もBT.709推奨に切り替えないといけないでしょうかねえ…。再エンコとかやるならやるでフラグをちゃんとコピーして欲しいものです。

No title

エンコ関係のブログでx264の設定晒してるのを見かけますが、それをコピペして悪っとプリセットとして使えると最高に楽なんですが、出来るんでしょうか??
cabac=1 / ref=4 / deblock=1:-1:-1 / analyse=0x3:0x133 / me=umh / subme=9 / psy=1 / psy_rd=0.50:0.00 / mixed_ref=1
/ me_range=32 / chroma_me=1 / trellis=2 / 8x8dct=1 / cqm=2 / deadzone=21,11 / fast_pskip=1 / chroma_qp_offset=0
/ threads=12 / sliced_threads=0 / nr=0 / decimate=1 / interlaced=0 / bluray_compat=0 / constrained_intra=0
/ bframes=4 / b_pyramid=0 / b_adapt=2 / b_bias=0 / direct=3 / weightb=1 / open_gop=0 / weightp=0 / keyint=240
/ keyint_min=1 / scenecut=60 / intra_refresh=0 / rc=crf / mbtree=0 / crf=20.0 / qcomp=0.80 / qpmin=0 / qpmax=69
/ qpstep=10 / ip_ratio=1.40 / pb_ratio=1.30 / aq=1:1.00
こんなヤツです。

Re: No title

MediaInfoの情報ですね…。
現状ではできないです、ひとつひとつ反映していただくしかないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 音声の情報について

"きちんと登録されない"というのは具体的にはどういった感じのことかわからず…すみません。

こちらでは同様の方法で処理したものでも、MediaInfo 0.7.58でみると
オーディオ
ID : 2
フォーマット : AAC
フォーマット/情報 : Advanced Audio Codec
プロファイル : LC
コーデック ID : 40
ながさ : 23分 4秒
ビットレートモード : VBR モード
ビットレート : 192 Kbps
チャンネル : 2 チャンネル
チャンネルの位置 : Front: L R
サンプルレート : 48.0 KHz
ビデオ ディレイ : -3秒 337秒
ストリームサイズ : 31.1 MiB (8%)
エンコード日 : UTC 2012-08-06 10:04:49
タグ付け日 : UTC 2012-08-06 10:04:49
といった感じで出てきます。

どのような表示がへん(?)なのか具体的に教えていただければと思います。
muxが行われていれば、設定ミスとかではないと思うのですが…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 音声の情報について2

たしかに妙ですね…。気になります。

教えていただいた方法に揃えたテストをいくつかしてみましたが、問題なし…で原因がわかりません。あまりお役に立てずすみません。

FAWやmuxに特に設定項目はないので、設定の問題とは考えにくいです。

muxerのバージョンが原因の可能性もあるので確認してみていただいて、古ければ更新してみてください。

No title

音声の情報の話がでてたので質問します。前から気になっていたので

>ビデオ ディレイ : -3秒 337秒
どんな尺の動画をエンコードしても必ずこれが記述されます

別段再生に問題があるわけでは無いんですが、afsを使用して出力すると発生しないのでこの違いは何なのかなぁ…と

Re: No title

再生したときに問題ないので、気にしてませんでした。

とりあえず最近出たMediaInfo 0.7.59にすると、
ビデオ ディレイ : 83秒
と出るようになりました。mp4box使用時はそもそも出ないようですね。

で、これは

・83秒が(たぶん)83ミリ秒のことで"ミリ秒"の表示が"秒"にバグってる。

・24fpsは1フレーム41.7ミリ秒ぐらいなので、83ミリ秒というと2フレーム分、つまりBフレームによるずれ(2フレーム分)の調整

だと思います。-3秒 337秒 は MediaInfo 0.7.58の表示ミスだったのかなあと。

No title

MPC-HCの方も更新して確認したらそっちも
Delay relative to video : 83ms
となってました。最近修正されたんですかね

>mp4box使用時はそもそも出ないようです
利用しているmp4boxのバージョンの違いなのか自分の環境だと表示されますね

>Bフレームによるずれ
なるほど、そういう意味だったんですね
3秒強ものディレイ(誤表記だったみたいですが)って何だ?って疑問がようやく解決しました
ありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

MediaInfoのヤツはedit listの有無及び実装の問題でしょう。

http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1583769#post1583769

おそらく、edit listにBフレーム遅延分のdelayを打ち消すように明示していると、それがCTSの存在を無視して、映像トラックと音声トラック間のdelayとしてみなされてしまうようです。
edit listを正しく扱える再生系においては、未だに誤った情報を表示しているわけなんですけどね。

公式レポのMP4Boxはedit listをインポート時に書き込まないのですが、golgol/wipple版のMP4Boxは私がuenoB氏のパッチを少し改造して書き込む様にしてあります。

Re: No title

なるほど、やはりedit listによるBフレーム遅延調整がディレイとして(誤って)表示されているのですね。教えてくださりありがとうございます。

edit listを正しく扱えるdemuxerでは問題ないということで安心しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: aacのタグに関しての件

>aacをmuxerでm4aにして、それをremuxerで合わせる...
まさにそのとおりです。

もう少し細かく書くと、x264guiExでFAW + 自動フィールドシフト(afs) + L-SMASHを使用した場合、ログの最後の方にこんな感じのメッセージが出ると思います。

auo [info]: timeline editor でmuxを行います。映像: on, 音声:off, tc: on, 拡張モード:chapter.auf 自動出力用
auo [info]: L-SMASH muxer でmuxを行います。映像:off, 音声: on, tc:off, 拡張モード:なし
auo [info]: L-SMASH remuxer でmuxを行います。映像: on, 音声: on, tc:off, 拡張モード:chapter.auf 自動出力用

3段階でのmuxです。デフォルトのx264guiEx.iniでは、実行されるコマンドは順番に…
timelineeditor.exe --timecode "<タイムコードファイル>" --media-timescale {fpsの分子×4} --media-timebase {fpsの分母} "<映像mp4>" "<映像mp4 タイムコード反映版>"
で、次に
muxer.exe -i "<音声aac>" -o "<音声mp4>"
諸事情から"音声mp4"で出てきますが、ようはこれがmp4に入ったAAC(m4a)です。最後に、
remuxer.exe -i "<映像mp4 タイムコード反映版>" -i "<音声mp4>" --chapter "<チャプターファイル>" -o "<動画mp4>"
のようにして処理されます。

muxerのコマンドはごく単純なもので、特に設定などは必要ないはずですし、OSの影響もあまりないのではないかな、と思います。

お手数ですが、一度外部muxerを使用するのチェックを外して、映像mp4と音声aacを作り、実際に3段階のコマンドを実行してみて、タグが謎の表示になるのはどの段階(muxer/remuxer)からなのか見てみるしかないかな、と思います。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR