FAWCheckの問題。 x264gui 改造版 r1745+322

FAWCheck -> 判定FAW -> FAW.exe(fawcl.exe)で処理 -> L-SMASHでmuxだと
ファイルの再生時間の情報が12秒ほど長くなることが分かった。
そのためシークバーがおかしくなってしまう。
なぜなのかよくわからない。調査に時間がかかりそうなので、
とりあえず、mp4出力時、FAWCheckでFAWと出たら、外部muxerでmuxするように変更。
これで問題なく再生はできるけど、
FAWCheckのせいで怪しいファイルができている可能性はまだあるので、
気になる場合はFAWCheckをオフにしてください。

(追記)FAWCheckの問題ではなかったです。

この問題を指摘してくださったRさまに感謝です。


ダウンロード>>


FAWCheckの問題について詳しく。

問題は、
FAWCheckを行う->
FAWと判定され、fawcl.exe(FAW.exe)で処理される->
自動的にL-SMASHでmuxされる
という流れの時にのみ発生します。

この3つのうち、どれかが違っても問題は発生しません。

たとえば、FAWCheckをして、FAWでないと判定され、
neroaac等で音声エンコードが行われた場合などは問題ないようです。

ですが、はっきり言って原因がよくわかりません。
長くなりますが、さらに詳しく書くと…

FAWかどうかチェックする際に、
Aviutlから最大でwavを12秒ほど読んで判定しています。
ファイルの再生時間が12秒長くなっていますので、
間接的にはこのFAWCheckでwavを読むことが問題と考えられます。
しかし、FAWCheckをしたとしても、
aac一時ファイルの長さ情報に問題はあるようには見えません。
(真空波動研・MediaInfo両方で確認)
このaacファイルを--audiofileでx264_L-SMASHに読ませているだけなので、
本来はAviutlでwavを余分に読んだことは関係ないはずです。
どこでAviutlの「wavをこれだけ読んだ」という情報が音声の長さ情報として
エンコーダに渡ってしまっているのかわからないのです。

なお不思議なことに、FAWCheckをしても、
neroaacenc.exeによるエンコードの場合などでは
問題ない点など、よくわからないことだらけです。

ですが、難しそうな問題で時間がかかりそうなのと、
最近微妙に忙しいのでとりあえず、
FAWCheckでFAWと判定されたときは外部muxer(mp4box)を使用する。
という暫定的な処置にしました。
これで、とりあえず長さ情報に問題は発生しません。

今後もこの問題についてはいろいろと勉強・調査して、
この暫定的な処置のままでいいのか、あるいはもっといい方法があるのか、
あるいはFAWCheckを廃止したほうがいいのかなど判断したいと思います。

すごくインチキくさい単なる回避策なので、
「なんて適当なんだ。怪しいファイルができてたらどうするんだ」
のように、気になる場合はFAWCheckをしないでください。

(追記)FAWCheckの問題ではなかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

12秒長くなる現象

>このaacファイルを--audiofileでx264_L-SMASHに読ませているだけなので、
AviUtlは使ってないのでx264gui.auoでは試していませんが、x264cliでのエンコード時にL-SMASHで外部ADTS-AACのMUXを指定した際にも12秒長くなる同現象が発生するのはご存じでしょうか?

たしかテストの自動インポート(x264_audio_test.adts)からrev1700前辺りまでのL-SMASHでは発生していなかったと記憶していますが、rev17xx頃から現rev1745で発生する様です。

私的な回避策として、外部ADTS-AACのインポートに --ademuxer lsmash も指定すると現象を回避できています。(--ademuxer を使うべき内容か?を理解してる訳でないので推奨はできません)

L-SMASHの開発者に伺ってみるのが良いのではないかと思われます。

Re: 12秒長くなる現象

> AviUtlは使ってないのでx264gui.auoでは試していませんが、x264cliでのエンコード時にL-SMASHで外部ADTS-AACのMUXを指定した際にも12秒長くなる同現象が発生するのはご存じでしょうか?

知りませんでした…FAWCheckとか関係ないですね。どうもありがとうございます。

> 私的な回避策として、外部ADTS-AACのインポートに --ademuxer lsmash も指定すると現象を回避できています。(--ademuxer を使うべき内容か?を理解してる訳でないので推奨はできません)
私もいろいろ試行錯誤しましたが、--ademuxer lsmash にたどり着きました。autoだとlavfになるようなので、そのへんの問題なのか…音声再生時間の長さがおかしくなるというのはdemuxerのあたりが怪しいという気はします。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR