QSVEnc 0.23

[共通]
・エンコード情報表示を改善。

[QSVEncC]
・AVI(vfw)読み込みに対応。


QSVEncCのAVI(vfw)読み込みについて



avi/avs/vpyなど、vfw経由で読み込めるものについて、直接読めるようにした。拡張子avi/avs/vpyで自動的にavi読み込みに切り替え。明示的な指定は--avi。

YV12/YUY2/RGB24/RGB32読み込み対応、YV12推奨。

YV12/YUY2読み込みについてはインタレ対応。一方、RGB24/RGB32読み込みはvppにてRGB32->NV12変換を行うため、インタレ非対応。

また、進捗状況と残り時間を表示。



もともとは、パイプを通さず、avsを直接読みこめば速くなるんじゃないかな~ということで作った。

が、速くない…、ごくわずかに速い気がするぐらい。

理由としては、
・実質的なメモリコピーの回数が減らない
・パイプによる遅れは入力バッファ + 先読みスレッドで遮蔽できていた
あたりかなあと思う。

結局avi読み込みの利点は、
・進捗状況、残り時間の表示
・avs2pipemodなどを用意せずに済む
といったあたり。うーん、しょぼい。実用的にはたいして変わらん…。



ちなみにavsを直接読ませる場合は、QSVEncC(x86)ならAvisynthも32bit、QSVEncC64(x64)ならAvisynthも64bitでなければならないので注意。基本的にIntel Media SDKはx86(32bit)のほうが高速だとSDKの自体に書かれているので、メモリ制限に引っかからない限り32bitのほうがいいと思う。



テスト動画に変猫のOP使い続けたら中毒になってしまった…



QSVEnc ダウンロード>>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感謝・報告

QSVencいつも使わせてもらっており
大変重宝して助かっています。
この場を借りお礼致します。

このバージョンでavs直接読み込みができるようになったので
試してみたところ

85fps→105fps

ぐらい変化しました
というのもパイプ部分がボトルネックになってたかわかりませんが、
以前はOC分の周波数が上がりにくい状態だったのが
今回のVersionで安定して高周波数に定位して結果
速くなったみたいです。

環境は以下のとおりです
2500k(4.1GHz・1700MHz)
avs=DGDecode/ConvertYUY/Delogo/Trim
QSV=Quality/vpp Interlace Normal/1440x1080

以上報告でした。

Re: 感謝・報告

報告ありがとうございます!

結構高速化する場合もあるんですね。

少し高速化→GPUがBoostしやすくなる→さらに高速化→安定してGPUがOC分までBoost

みたいな好循環に入ったのかもしれませんね。

Blurayでの再生について

QSVEnc便利で重宝しています。
現在はvbrでエンコードしているのですが、cqpや、vqpでエンコードした場合にもBlurayプレーヤで再生したくなることがあるので、再生できない原因を調査しています。
CodecVisaというソフトでvbrとcqpのファイルを比較したところ、cqpにはNAL HRDというのものが入っていませんでした。
これを入れてもらうことはできないでしょうか?(もちろんcqpで最大ビットレートが設定できないことは承知です)

CQP +「Bluray用出力」

おっしゃる通り、Nal-hrdが含まれないのが原因の一つです。ただ、それだけではなく「Bluray出力」のオプションではいろいろ細かく調整しています。

「最大ビットレートが設定できないことは承知です」ということで、問題点などは理解していただけていると思いますので、ひとまず、CQP +「Bluray用出力」を無理やり通せるようにしてみました。

QSVEnc 0.23v2(http://cid-6bdd4375ac8933c6.office.live.com/browse.aspx/QSVEnc)のQSVEnc.auoを使用し、さらにQSVEnc.auoと同じフォルダにある、QSVEnc.confファイルをテキストエディタで開き、[QSVENC]セクションに以下の一行を追加してください。

force_bluray=1

この後、Bluray用出力を設定するとCQPでもBluray用出力できるようになります。

GUI上からではなくちょっと面倒ですが、この手順を踏んでいただければと思います。

というのもCQP +「Bluray用出力」ではNal-hrdの挿入等は行えているものの、最大ビットレートやVBVの設定のできていないため非常に不完全なものであり、推奨できるものではないためです。(ようは問題あるかもよってことを理解したうえでやって欲しいので簡単に解除できるようにはしたくない、ということです)

CQP + 「Bluray用出力」の出来上がりファイルについてですが、TMSR4ではBluray向けファイルとは認識されませんでした。一方、tsMuxer + ImgBurn使用でBDMV作成は可能でした。このBDMVはPS3や(うちの)DIGAでは再生できました。が、再生できないかもしれませんので注意してください。

Bluray用出力

>>rigayaさん
QSVEnc 0.23v2でバッチリ再生できるようになりました!
vbrではh264esをtsMuxerに直接入力してm2tsを作っていたのですが、
cqpだとforce_blurayにした上で、mkvmergeで一度muxしたmkvをtsMuxerに入力するとうまく行きました。
私の再生環境で変わった作成手順が必要なのは、やはり不完全なh264esになるからなのだと思います。
でも、vbrで常時4Mbpsで出力したいたものがcqpだと2~3Mbpsに収まるようなので、とても助かりそうです。
インターレースでのIフレーム挿入できないMediaSDKのバグが治れば、vqpでもっと節約できるのかな?と勝手に期待しております
ありがとうございました!

不具合報告

フェードイン・フェードアウト(特に黒画面から・への場合)をエンコードする時、時々フリッカ(のようなもの)が出できてしまいました。

このAviSynthスクリプトで再現可能(終端の25フレーム):
Blankclip(length=120, width=32,height=32, fps=24)
converttoyuy2()
Coloryuv(showyuv=true)
fadeio(24)

いろいろ試してみましたが、0.16以降のバージョンはすべてこういう不具合があります。シーンチェンジ検出機能と関係あると思いますが、無効化のオプションがないみたいですの…

Re: 不具合報告

報告ありがとうございます。
問題を確認しました。たしかにフリッカのように見えます。

ただ、問題の解消には時間がかかりそうです。

というのも、たしかにシーンチェンジ検出のために相当プログラムをいじったのですが、ほぼ全く同じコードを使用する「VQPモード」のみだと問題が発生しないのです。どういうことだ…、というところで詰まっています。

すみませんが、回避策としてv0.17以降で--strict-gopを追加していただけないでしょうか。シーンチェンジ検出がオフになり、問題を回避できます。

Re: Re: 不具合報告

ご返事ありがとうございました。

--strict-gopを使って問題を解決しました。vqp+strict-gopで発生するかどうかはこれから観察します。次の更新も楽しみにしております。

個人的な憶測ですが、Iフレームを強制挿入する時、QSV側のGOPもしくはキャッシングが乱れになるかも知れません。元々H264エンコーディングはフレーム順次じゃないですから…どうかお笑いにならないでください(´・ω・`)
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR