IntelドライバとQSVEnc (2013年9月)

4.gamers - HaswellとIvy Bridge対応の公式最新版グラフィックスドライバ「15.31.17.3257」公開ということで、9.18.10.3257 (以下3257ドライバ)が出てる。

intel_driver_3257

まあ当たり前だけどちゃんと動いた。Intelからダウンロード出来るものとしては、(インストーラがいわくつきの)3165以来の更新で、Intel Media SDK API v1.7に対応するはじめてのドライバ。

API v1.7で使えるようになるHaswell QSVのLookaheadモードが非常に効果が大きい(ビットレート指定モードで画質を大幅に改善する)だけに、やっと(公式のが)来たか…という感じ。

続きに詳細。



今回検証した環境



環境1
Win7 Pro SP1 x64
Core i7 4770K @ 4.3GHz
DDR3-2600, 2ch, 16GB
iGPU: Intel HD Graphics 4600 as 2nd GPU
dGPU: GeForce GTX660 as Primary GPU

環境2
Win8 Pro x64
Core i7 3770K @ 3.9GHz
DDR3-2133, 2ch, 8GB
iGPU: Intel HD Graphics 4000 as Primary GPU

両方ともAPI v1.7として認識され、問題なく動作した。



2013年9月時点までの検証結果一覧



【検証環境 ~2011.09.30】
Win7 x64
Core i5 2500 + H61
4GB RAM
Intel Graphics Driver 8.15.10.2376
Intel Graphics Driver 8.15.10.2509

【検証環境 2011.10.01~】
Win7 x64
Core i5 2500 + Z68
GeForce 8600GT as Primary GPU
4GB RAM
Intel Graphics Driver 8.15.10.2509

【検証環境 2012.01~】
Win7 x64
Core i5 2500 + Z68
4GB RAM
Intel Graphics Driver 8.15.10.2509
Intel Graphics Driver 8.15.10.2559 (API v1.1)
Intel Graphics Driver 8.15.10.2626 (API v1.3)
Intel Graphics Driver 8.15.10.2653 (API v1.3)

【検証環境 2012.05~】
Win7 x64
Core i7 3770K + ASUS P8Z77-M
16GB RAM
Intel Graphics Driver 8.15.10.2696 (API v1.3)
Intel Graphics Driver 8.15.10.2729 (API v1.4)
Intel Graphics Driver 8.15.10.2753 (API v1.4)
Intel Graphics Driver 8.15.10.2761 (API v1.4)
Intel Graphics Driver 8.15.10.2867 (API v1.4)
Intel Graphics Driver 9.17.10.2932 (API v1.4)
Intel Graphics Driver 9.17.10.3071 (API v1.4)

【検証環境 2013.06~】
Win7 x64
Core i7 4770K + Asrock Z87 Extreme4
16GB RAM
Intel Graphics Driver 9.18.10.3165 (API v1.6)
Intel Graphics Driver 9.18.10.3187 (API v1.6)
Intel Graphics Driver 9.18.10.3220 (API v1.7)
Intel Graphics Driver 9.18.10.3257 (API v1.7) ※new!

【Intel Media SDKとAPIの対応関係】
API v1.7 … Intel Media SDK 2013 R2
API v1.6 … Intel Media SDK 2013
API v1.4 … Intel Media SDK 2012 R3
API v1.4 … Intel Media SDK 2012 R2
API v1.3 … Intel Media SDK 2012 (Intel Media SDK v3.0)
API v1.1 … Intel Media SDK v2.0

【現在最新の公式ドライバ】
Sandy向け  Intel Graphics Driver 9.17.10.3223 (2013/08/18)
Ivy向け    Intel Graphics Driver 9.18.10.3257 (2013/09/11)
Haswell向け Intel Graphics Driver 9.18.10.3257 (2013/09/11)



ほかいろいろ



Sandy向けにも新しいドライバが来ているようだけど、9.17.xx.xxxxなのが気になる…何か違うんだろうか。

あと、新Atom Silvermontを搭載したBay TrailにもQSVが載っかっているらしい(PC Watch - CPU、GPU性能が桁違いに向上したBay Trail)。

GPUはIvyBrigde相当で実行ユニット(EU)が4つ、ということなんで速度は期待できないにしても、タブレットでエンコードができる時代がきてしまったらしい(実際やるかはともかくとして)。QSVEnc動くかなあ。

かつてのAtomは貧弱なCPUとGPUでもっさりの代名詞だったけど、CPUもOut Of Orderのが4コアになり、GPUもHD GraphicのEU4なら、Win8とかで重い作業しなければさくさく動くんだろうなあ。


もうひとつ、北森瓦版 - Gigabyte Core i7 4770R/i5 4570Rを搭載するBRIXを明らかにというわけで、GT3e搭載がついに来るか…という話。

4770Rは、
4コア / 8スレッド
3.2GHz (TB: 3.9GHz)
L3:6MB + eDRAM as L4: 128MB (50GB/s(片方向?))
Iris Pro 5200 (EU:40 up to 1300MHz)
TDP: 65W

ということで、結構でかいらしい(PC Watch - IntelがHaswellの設計詳細をHot Chipsで発表)。ベンチマーク結果が楽しみ。QSVもきっと速い。たぶん。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一応、ClovertrailでもQSVは使えました。使えましたが……Baseline相当でHighプロファイル選択してもBやらCABAC使うとエラー落ちしました。
エンコード速度はそこそこでしたが、B使えんCABAC使えんなので……な画質です。

LookaheadはHRD制約をぶっちぎるのでハードウェアデコーダーの場合は結構怖い事になります。
あと、LAはインターレース死亡しますね。今どうなんでしょう。

Sandy向けドライバ

> Sandy向けにも新しいドライバが来ているようだけど、9.17.xx.xxxxなのが気になる…何か違うんだろうか。

2120Tの9.17.10.3223ですがQSVEncのログではAPI v1.4のままの様です。
> qsv [info]: Media SDK impl QuickSyncVideo (hardware encoder), API v1.4

9.17台はAPI v1.4迄っぽいですね。Sandyは現行製品二世代前なのでドライバサポートはメンテナンスフェーズに入って以降の機能更新は無しって事の様な気がしますです。

Sandy向けドライバ

上で書き忘れましたが使用したQSVEncは1.09です。

それとSandy向けドライバはインテルグラフィック/メディアコントロール・パネルが(カスタム解像度設定等のある)旧コントロールパネルのままとなっています。

No title

>一応、ClovertrailでもQSVは使えました
うーん、BayTrailではまともになるといいんですが…。

>Lookahead
HRDぶっちぎりなど、たしかにおっしゃる通りです。インタレ保持はできないのが痛いですね…

>Sandy向けドライバ
なるほど…SandyはAPI v1.4まで、ということなのですね。情報ありがとうございます!

グラフィックのコントロールパネルまで古いまま、ということですと、やはり機能追加などをする気はないのですね。

No title

> グラフィックのコントロールパネルまで古いまま、ということですと、やはり機能追加などをする気はないのですね。
多分ですけどSandyにはWin8.1ドライバも出さないんじゃないかなぁという気がします...

Bay Trailで使用可能でした

Bay Trailといえば,8インチwin8.1タブレットのlenovo Miix2 8(Atom Z3740)で,aviutl1.00 + QSVEnc 1.11v3が特に問題なく使用可能でした.
8インチタブレットのくせに地デジの1080iのTSをソースにして20fps以上出ていたのですが,それでいながら背面が特に熱くなるでもなく5時間以上バッテリ駆動できているのにはたまげました.

Re: Bay Trailで使用可能でした

教えていただきありがとうございます!

いやはや、すごいですね。タブレットで普通に地デジをエンコでき、しかも電池が持つとは…。QSVもさることながら、Silvermontは省電力面で相当優秀なのですね。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR