x264guiEx 2.17v2

・簡易インストーラのQuickTimeダウンロードを改善。
コードを大幅に見なおした。

QuickTimeのダウンロード問題に対して、抜本的に方法を変更して対処しました。これまでの方法は残念ながら不安定で使えないということで、コードごとゴミ箱へポイしました。

QuickTimeのダウンロードについては、現象を詳細に報告していただいたり、QuickTimeのダウンロードページについての分析をしていただいたり、さらには改善方法について提案をいただくなど、多くの方にご意見・ご提案・ご助力をいただき、ありがとうございました。

今回の更新では、頂いた提案のひとつから、videohelpのページに記載されているQuickTimeのダウンロードリンクを取得し、直接ダウンロードする方法に変更しています。これはx264のダウンロードなどとほぼ同様の方法なので、以前のようにダウンロードの方法が悪いために不安定、ということはないはずです。やはりなにごとも、なるべくシンプルな方がいいですね。

また、合わせてコードの大幅な整理も行い、並列化の範囲が広がって少しだけですがパフォーマンスも向上しています。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
Skydriveの調子がいまいちの時はミラー(dropbox)からどうぞ。同じものです。

x264guiExの導入>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

AppleサイトからのDLリンクがわからず適当に言ってみたものがまさか採用されるとは思いませんでした。
何事も言ってみるものですね。。。

手元で試しに実行してみたところバッチリ動作しました。
(2.17ではDL不可だった)

根本的な修正が必要だったでしょう?
お疲れ様でした。

お疲れ様です

おつかれさまです、本当に。
やはりシンプルが一番ですね、さんざんごちゃごちゃさせた当本人がいうのはなんですが。

とりあえずQuickTime未導入のWindwos7x64SP1では成功しました。

No title

>videohelpの件を言ってくださった方へ
いえいえ、こちらこそありがとうございました。

>yumetodo様
無事動いてよかったです。これで当面は安定して動くと…期待しています。

No title

何時の間にか新バージョンが出ていたので、wineでの動作をちょっと試してみました。

DLからインストールまでは特に問題無く行きました。

ただ、実際出力しようとすると、"0xe0434352" の例外が発生して出力できませんでした。念の為、過去のバージョンに遡って試したところ、2.13以降のx264guiEx.auo
で発生するようです。


No title

すみません、2.13でいろいろ実験した時に、元に戻してしまったことに今気づきました…。

次回更新時に対策しておきます。

neroaacenc

Nero AAC Codecの日本語ダウンロードページが復活してた…。
http://www.nero.com/jpn/company/about-nero/nero-aac-codec.php

FAW出力時にapple形式チャプターが埋め込まれない

DTV板のスレに報告したのですが一応こちらにも。
  http://peace.2ch.net/test/read.cgi/avi/1351856057/501-

L-SMASHを使う場合、FAW出力時に
apple形式のチャプター(TimedText)が
埋め込まれないという内容です。
x264guiEx、x265guiEx、QSVEnc、NVEnc、VCEEnc共通だと思われます。

>NeroAacEnc復活
大騒ぎでしたが、とりあえずめでたい。

No title

>nero復活
ああ、まあなんというか、よかったです…ええ…

>Apple形式のチャプター
なるほど。入力はnero形式を基本としていますので、気づきませんでした。--file-format m4aを明示的に与えないと行けないということでしょうか?

おそらくスレのほうでおっしゃっている
au_cmd=" --file-format m4a -i "%{audpath}"%{delay_cmd}"
で常に問題無いと思いますが、検証してみます。

No title

L-SMASHの簡易(?)FAQ
http://vfrmaniac.fushizen.eu/contents/lsmash_faq.html
>Nero形式は全てのファイルフォーマットに対して
>書き込みを行う一方、Apple形式は
>Apple MP4(M4A, M4B, M4P, M4V)またはMOVに
>対してのみ書き込みを行います。

とのことなので、au_cmdに--file-format m4a でいいのかなと思いました。
au_cmdではなく--chapterを指定しているex_cmd_に入れれば
QSVEncなどmuxerで映像をコンテナに入れるケースに限っては
音声が無い場合でもapple形式チャプターの埋め込みが
できる気がしますが、音声無しでM4A指定するのは
それはそれでどうなんだろうというところです。

No title

MP4box用のx264guiEx.iniのことをすっかり忘れてました。
MP4boxの場合はex_cmd_で-ab "M4V "を指定していたのですね。
それにあわせたほうがいいのかもしれません・・・。

No title

>sige様
wineの件ですが、x264guiEx 2.18で「その他の設定」の「ログ・設定画面」タブにある「wine互換モード」にチェックを入れていただくことで、回避できるようにしました。Ubuntu 14.04 + wine 1.7.28で動作確認しています。

指摘いただき、ありがとうございました。

>Tac様
Appleチャプターの問題、x264guiEx 2.18で対応しました。

>nero復活

>nero復活
・・・ini書き換えでauo_setup.exeが両対応したのは、多分いいことなんでしょう、きっと。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR