QSVEnc 1.27

ポケモン発売前になんとか間に合わせることができた。



QSVEncとしては久しぶりの大型更新。

Intel Media SDKを更新し、API v1.11に対応。

正確には、Media SDKはIntel Integrated Native Developer Experience 2015の一部、という扱いになったらしいのだけど、…名前長い。わかりにくい名前とか長い名前ってのは良くないと思うのですよ…。

というわけで今後「Intel Integrated Native Developer Experience 2015の一部のMedia SDK」は「Media SDK 2015」と書くことにする。

共通



API v1.11に対応。

・LA_HRD (先行探索レート制御 (HRD互換)) モードに対応。(--la-hrd)
先行探索レート制御と画質はあまり変わらそうなので、面白みはないけど、再生互換性が高まるかもしれないので、地味に良いかもしれない。

・QVBR (品質ベース可変レート制御) モードに対応。(--qvbr, --qvbr-q)
こちらのほうが新しいモードとして面白い。品質と平均ビットレート、最大ビットレートを指定できる。

イメージとしては、
1.基本的には品質ベースでエンコード
2. 平均ビットレートを超えそうになったら、画質を落として平均ビットレートを保つ
3. 平均ビットレートを超えないなら、指定した品質ベースで容量を縮める
かんじ。

普通のVBRは、平均ビットレートを維持するため、動きが少ないなど圧縮率の高いところでも無駄に容量を食ってしまう。しかしQVBRでは、ある程度適切なビットレートを指定すれば普通のVBRであったような無駄が減り、その指定したビットレートの範囲内でより柔軟に割り振りをしてくれる。

なかなかおもしろいモードだと思う。

・先行探索レート制御に使用可能な「ウィンドウベースレート制御」を追加。 (--la-window-size)
設定したフレーム分の時間幅を持って、ビットレートが最大ビットレートを超えないよう制御するらしい。LA-HRDのほうだと特に有効かもしれない。

・VppのImage Stablizerを追加。効果の程は謎。(--vpp-image-stab)
使ってみたけど…よくわからない。

・機能情報表示を拡充。
1.27で追加した機能に対応。

・ログ表示を改善。
少し下に長くなりすぎていたのを改善。上下に長いのは嫌いなので…。圧縮。



Intelの10.18.10.3960ドライバがAPI v1.11対応だった。(3907はAPI v1.10)

Intelドライバの対応状況について詳細はこちら

ただ、今回追加された機能も、おそらくはHaswell以降が必要になるんじゃないかと思う。

ちなみにHaswellだとこんなかんじ。(3960ドライバ)
i7_4770K_driver3960.png

ただ、3960ドライバはあまり安定してない気が…。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(dropbox)からどうぞ。同じものです。
Intel Media SDKのソフトウェア用dllはfull版にのみ含めるようにしました。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(220MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です(要 Avisynth + lsmashsource.dll)。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: L-SMASH muxer.exe での mux が…

報告いただきありがとうございます。

こちらで複数のオプションでテストしましたが、再現できず、原因がわかりません。(普通に終わってしまいました…)

可能であれば、ログを丸ごとコピペしていただけないでしょうか。お手数かけますが、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お世話になります

ログをご提供いただき、また再現条件についても丁寧に調べていただきありがとうございました。

こちらでも再現出来ました。時間がかかるかもしれませんが、調べて改善したいと思います。

ありがとうございます

こちらの環境固有の現象でない事だけでも現時点で判って、ホっとしました。

QSV の ICQ モードは
従来の CQP/VQP モードと比べて
微妙な色階調が綺麗に仕上がるようになっていた事と、
(少なくとも、わたしにはそう感じられます)
CQP/VQP モードとは同時に使えなかった look-ahead を
LA-ICQ モードであれば同時に使えると言うことで期待が持てます。

宜しくお願い致します。

1.27 + LA-ICQ使用時の問題について

ちょっと自分ではわからなかったので、muken様にお願いしたところ、この問題について調査・対応していただけました。

L-SMASH rev1315にて、LA-ICQ使用時にmuxが終了しない問題が解決できていると思いますので、L-SMASHを更新していただければと思います。(http://1drv.ms/1gd23XF)

この問題について詳細な報告をいただき、ありがとうございました。

また、調査・対応いただいたmuken様にもお礼申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

お世話になっております。

最新のQSVencを導入し、エンコードをしようとしましたところ、
以下のようなエラーが発生し、AviUtlが強制終了します。

タイトル:AviUtl:Application Exception

アドレス"0x5fbe1759"で例外"0xc000001d"が発生しました
発生モジュール:QSVEnc.auo
オフセットアドレス:0x00031759
備考:OUTPUT_PLUGIN_TABLE::func_output()[拡張QSV出力]
正常な動作が出来ない可能性がありますが処理を継続しますか?
[はい(Y)][いいえ(N)]
どちらを選択してもフリーズします。

環境:
OS:Windows 7 64bit
マザー:Gigabyte GA-H61M-USB3-B3(Intel H61チップセット)
CPU:Intel Core i3 2120T
Intel Media SDK hw:v1.4 sw:1.11
GPU:Unknown(Failed to find Intel GPU)
(オンボードGPUのはずなので、この表示が怪しい)

マザーボードのドライバをアップデートするなどを行いましたが、
エラーは変わりませんでした。
対処方法について、アドバイスをお願いします。

Re: No title

問題について調べたところ、オフセットアドレス"0x00031759"に存在するAVX2命令を誤って実行しようとしたことで、不正命令例外"0xc000001d"が生じたものと思われます。(Core i3 2120TはAVX2に対応していません。)

ただ、本来はAVX2が使用できない環境では、自動的にAVX2が使用されないようになっているはず…です。こちらでは同じくAVX2の使用できないCore i7 3770Kでテストしましたが、AVX2が使われることはなく、問題なく動作したので、AVX2が実行されてしまう原因はよくわかりません。すみません…

ただ、ひとまずAVX2が使用されなければよいので、対策としてAVX2を外したQSVEnc.auoを作成させていただきました。QSVEnc.auoをこちらに差し替えて実行してみてください。
http://1drv.ms/1xj35Jv

Re^2: No title

> 対策としてAVX2を外したQSVEnc.auoを作成させていただきました。

 とても早い対処をありがとうございます。
 確認しましたところ、エンコード時にエラーが出ることなく、動作する事を確認しました。
(その後muxが終わらない状態になりましたが、複数ファイルでのチェックを経てないので未確認です)
プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR