TMPGEnc Video Mastering Works 5 体験版 part3

TMPGEnc Video Mastering Works 5 体験版でエンコード実験。
とりあえず、速度とか計測してみて、x264本家と比べてみる。
エンコード速度の比較を
・avisynth + x264.exe
・Aviutl + x264guiEx + x264.exe
・TMPEGEnc VMW 5
でやってみる。
x264のオプションをそろえる必要がある。





TMPEGenc VMW 5のオプション(x264)

映像設定
EncodeTest1223_TMVW5_01
クリックで拡大

いちいちx264の詳細設定を指定したくないときは「パフォーマンス」で変更するといい。ようはx264の--presetオプションであり、詳細設定タブの部分はある程度適切に設定される。


EncodeTest1223_TMVW5_02

x264のパラメータを設定していく。
EncodeTest1223_TMVW5_03

量子化の設定。
EncodeTest1223_TMVW5_04

量子化行列のあたりは詳しくないので、とりあえず--cqm flatになるように。


あとはTMPEGEncでの設定に合わせるように、他のエンコード手段も設定する。




x264のオプション(コマンドライン)
--preset slow --crf 21 --aq-strength 0 --qcomp 0.7 --qpmax 45 --qpstep 12 --scenecut 60 --keyint 300 --slices 1 --trellis 2 --no-fast-pskip --no-dct-decimate --sar 1:1 --colormatrix bt709 --colorprim bt709 --transfer bt709 --videoformat ntsc --vbv-maxrate 25000 --vbv-bufsize 24985 --nal-hrd vbr





x264のオプション(x264guiEx)

やっぱ楽だわ。慣れてて、設定の場所覚えてるし。
seraphy氏が設定画面でなんのオプション名がポップアップするようにしてくれているためわかりやすい。

EncodeTest1223_x264guiEx01

EncodeTest1223_x264guiEx02

EncodeTest1223_x264guiEx03

EncodeTest1223_x264guiEx04

EncodeTest1223_x264guiEx05


で追加でコマンド欄に--vbv-maxrate 25000 --vbv-bufsize 24985 --nal-hrd vbrを追加。
これでほぼ同じ設定を再現できたと思う。





こんな感じの設定で、
比較するのは
・Avisynth 64bit + x264r1834 64bit
・Avisynth 32bit + x264r1834 32bit
・Aviutl + x264guiEx + x264r1834 64bit
・Aviutl + x264guiEx + x264r1834 32bit
・TMPEGenc VMW 5.0 x264エンコーダ

もちろん、AvisynthもAviutlもTVMW5もフィルタはなし。
Aviutlは0.99i8。

入力データ
解像度 : 1280x720p
fps : 30.000fps
コーデック : UtVideo (ULY0) x86/x64ともにあり
フレーム数 : 3051 frame (約 1分42秒)
音声 : なし
その他 : アニメ絵

AvisynthではAVISourceを使い、pixel_typeにはYV12を指定した。

x264.exe は http://x264.nl/のバイナリを使用、r1834。


環境
OS : Win7 64bit
CPU : Xeon W3680 (6C/12T, L3=12MB) @ 4014MHz (Core i系)
RAM : 12GB





で、速度実験の結果は以下の通り。

画質は見た目、ほぼおんなじ。

速度
EncodeTest1223_Result_speed

TMPEGEnc VMW 5は最初に準備しています…って出て、何秒か待つので、その時間も載せてある。


ビットレート
EncodeTest1223_Result_bitrate2

よく考えると、体験版は「TMPEGEnc Video Mastering Works 5 Trial」って最初に焼きこむので、まったく同じ画像をエンコードしたことになってない…焼きこんだ分遅くなることと容量の増加は避けられないので厳密には比較になってない。
EncodeTest1223_Trial
↑すかしで焼きこまれる。

この焼きこみによる速度の低下がどのくらいかはわからないので、何とも言えないが、32bitの本家x264と比べてエンコード速度にあまり差はないよということはわかる。

ただ、64bitx264には引き離されている。
64bit対応しておくれ!まあ、TMPEGEncは入力・出力・フィルタ・GPGPU(CUDA)といろいろあるので、難しいとは思うが。


実験によって言えるのはこのぐらいかな。





実際のエンコードでは、TVMW5なり、Aviutlなり、avisynthなりで動画にフィルタをかけていくぶん、エンコード速度は落ちる。TMPEGEncでは、フィルタリングの部分にCUDAを使うことができる(はず)。GPUで処理すれば、そのぶんCPUに余力が出て、エンコードが速く進むことが期待できる。AviutlはそのほとんどがCPUによるフィルタだし、avisynthもGPGPU対応のフィルタは一部でしかない。その点で、多くのフィルタがGPUで処理させることのできるTVMW5は有利で、フィルタをかけたりする実際のエンコードでは速いんじゃないだろうか。(フィルタの種類や性能が違うので比較は難しいが)

フィルタの処理をGPUで行い、x264でエンコードするのは理想の形のひとつ。それを実現したTVMW5はすごい。


あと、TVMW5はIntel Media SDK というものに対応し、Intelの次期CPU Sandy Bridgeに搭載される(といわれている)ハードウェアエンコーダに対応するらしい。なんか5倍速くなるらしい。ほんまかいな。
だけど発売前のCPUに対応というのはすごいな。

さらにNVIDIAのGPU使ってCUDAでH.264エンコードもできるという。

だが…ハードウェアエンコーダってだいたい速いけど画質の割に圧縮率が低かったりするんで、あんま期待してないっていうかSandyBridge買う予定ないし、NVIDIAのGPUも買う予定ないorz

いや待て、買おうかな…

いやいや…落ち着け私、散財するな……気の迷いだ…

なんだかんだいってAviutl使うんだから買ってもしょうがないだろ…

前も書いたが、Aviutlで好きなフィルタってのが多すぎる。バンディング低減とか。

次はx264のオプションについてまとめてみようかな…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR