QSVEncC 2.00β2

QSVデコード付きのQSVEncCを更新。

QSVEncC 2.00β → 2.00β2



・HEVC in mp4/mkvのデコードに対応。
・DVD-Video/BlurayなどのPCM音声でもwav出力できるように。
・avqsvリーダーでも進捗を表示できるように。



機能制限



デコード対応コーデック

コーデック対応状況
MPEG2
H.264/AVC
H.265/HEVC△→○
VC-1×
VP8/VP9×

その他制限
・HEVCデコードにはHaswell以降のCPUと4080ドライバ以降が必要。
・HEVC 10bitデコードには非対応。
・解像度が途中で切り替わるようなケースには非対応。
・VFRには非対応。
・MPEG2のRFFには対応できない(?)。



既知の問題



(fixed: 2.00β2)・HEVC in mp4/mkvが対応できていない問題。
(fixed: 2.00β2)・DVD-Video/BlurayのPCMが--audio-fileで抽出できない問題。
(fixed: 2.00β2)・進捗が表示されない問題。
・H.264 PAFFを入れるとフレームレートが倍になる問題。
・avqsvリーダーを使用時に--cropを使用すると、"undefined behavior"で落ちる問題。



追加したい機能 / 必要な検証



・Haswell以外での挙動調査。

・音声出力バッファ。映像出力(64MB)同様、大規模バッファを追加したい (setvbuf)。
大規模バッファはHDDへの書き込みを一度に大量に行うようにし、断片化を抑制する。これにより、その後のmux工程の高速化が期待できる。

なんかほかにあるかな?



まだ実験段階でいろいろ不安定なので、テストするだけにしてください。
ベータ版ダウンロード>>
※dllも更新してください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テストでHEVC Main/HEVC Main 10物を食わせてみました。
元はx265で作ったFHD 24fps物。

QSVEnc 2.00 beta2 (x64), based on Intel(R) Media SDK Encoding Sample 6,0,0,98947

OS Windows 8.1 (x64)
CPU Info Intel Core i5-5250U @ 1.60GHz [TB: 2.70GHz] (2C/4T)
GPU Info Intel HD Graphics 6000 (48 EU) @ 400 MHz (10.18.14.4206)
Media SDK QuickSyncVideo (hardware encoder), 1st GPU, API v1.13
Buffer Memory d3d11, 1 input buffer, 24 work buffer
Input Info avcodec video: HEVC, 1920x1080, 24000/1001 fps
Output Video H.264/AVC High @ Level 4
1920x1080p 1:1 23.976fps (24000/1001fps)
Target usage 4 - balanced
Encode Mode Constant QP (CQP)
CQP Value I:26 P:29 B:31
QP Limit min: none, max: none
Trellis Auto
Ref frames 3 frames
Bframes 3 frames, B-pyramid: on
Max GOP Length 240 frames
Scene Change off


encoded 35220 frames, 99.97 fps, 1043.40 kbps, 182.72 MB
encode time 0:05:52 / CPU Usage: 27.57%

frame type IDR 147
frame type I 147, total size 5.32 MB
frame type P 8805, total size 92.70 MB
frame type B 26268, total size 84.69 MB

Processing finished
設定は元々別の事で使ってる奴使い回してるだけなので、出来た絵は見てません(笑
ほぼ100fps出てるんで、ちゃんとQSVでデコード出来ている模様。
ただ、全framesの処理が終わる前に100%表示になってました。
目視だけだったので、良く覚えてませんが30000ちょっt越えた辺りで、100%になってしまってたかな?


で、Main10物はというと、
QSVEnc 2.00 beta2 (x64), based on Intel(R) Media SDK Encoding Sample 6,0,0,98947

OS Windows 8.1 (x64)
CPU Info Intel Core i5-5250U @ 1.60GHz [TB: 2.70GHz] (2C/4T)
GPU Info Intel HD Graphics 6000 (48 EU) @ 400 MHz (10.18.14.4206)
Media SDK QuickSyncVideo (hardware encoder), 1st GPU, API v1.13
Buffer Memory d3d11, 1 input buffer, 33 work buffer
Input Info avcodec video: HEVC, 1920x1080, 24000/1001 fps
VPP Enabled ColorFmtConvertion: yuv420 (10bit) -> nv12
Output Video H.264/AVC High @ Level 4
1920x1080p 1:1 23.976fps (24000/1001fps)
Target usage 4 - balanced
Encode Mode Constant QP (CQP)
CQP Value I:26 P:29 B:31
QP Limit min: none, max: none
Trellis Auto
Ref frames 3 frames
Bframes 3 frames, B-pyramid: on
Max GOP Length 240 frames
Scene Change off

Pocessing started
この状態で止まったきり、反応無し。タスクマネージャーでみても、
CPU負荷、ディスクのRead/Writeも動いて無いようなので、
どっかで止まったままな感じです。

なんでvppでyuv420 (10bit) -> nv12やってるのかと調べてみたら、
今のQSVEncCはまだ、BroadwellのMain 10デコードに対応してないんですね、
どっちみち今の状態でも止まってしまってるので、
何かがおかしい様な気がしますが。

QSVの使えるHaswell環境が手元に無いんで、Haswellでやったらどうなるかは、分かりません。

環境色々
C:\QSVEnc_2.00β\QSVEncC\x64>QSVEncC64.exe --check-environment
QSVEncC (x64) 2.00 beta2 by rigaya, build May 16 2015 16:00:36
based on Intel(R) Media SDK Encoding Sample 6,0,0,98947
avi reader: enabled
avs reader: enabled
vpy reader: enabled
avqsv reader: enabled [MPEG2, H.264/AVC, HEVC]

Environment Info
OS : Windows 8.1 (x64)
CPU: Intel Core i5-5250U @ 1.60GHz [TB: 2.70GHz] (2C/4T)
L1 : Read: 297.33GB/s, Write: 148.68GB/s
L2 : Read: 132.85GB/s, Write: 47.40GB/s
L3 : Read: 53.26GB/s, Write: 33.45GB/s
RAM: Read: 20.36GB/s, Write: 9.68GB/s
Used 1362 MB, Total 8077 MB
GPU: Intel HD Graphics 6000 (48 EU) @ 400 MHz (10.18.14.4206)

--check-featuresよりキャプの方が見やすそうなので。
http://i.imgur.com/3JevVrs.png
なにか、Haswellより使える組み合わせが減ってる様な?


あと、これやってて、たまたまミスったら気づいたんですが、
QSVEncC64.exe -check-features ← --の1個欠け
やるとQSVEncC64.exe クラッシュします(苦笑
--check~系全滅かな?と思います、多分。

No title

一つ載せ忘れました。
ちゃんとMain10デコーダー持ってますよって事で。
http://i.imgur.com/IC0COdn.png

当たり前なんですがw

Re: No title

おっしゃるように現状QSVEncCはHEVCの10bitは非対応です。

実際に動かさずに対応できるかは微妙です…。最悪Skylake待ちになりそうです。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR