Braswell (Celeron N3150)の実力

Asrock N3150B-ITXを買ったので、いろいろ調べた。

※(2015/06/21 21:17) DXVAデコードについて追記。
※(2015/06/30 22:00) DXVAデコードについてさらに追記。

Asrock N3150B-ITX



N3150B-ITXはCerelon N3150がオンボードでついてくるMini-ITXボード。

DSC_1496s.jpg

DSC_1497s.jpg

Mini-ITXはさすがに小さい。

構成
Win 10 Technical Preview x64 日本語版 ビルド10033
Asrock N3150B-ITX
DDR3-1600 SO-DIMM 8GB (CL=11)
Intel SSD 520 (240GB) [流用]
Jonsubo U2 [流用]



今回の買い物
買  ← Asrock N3150B-ITX-11000円
買  ← DDR3-1600 4GBx2 SO-DIMM-8000円
売  → AMD A10-7850K+9000円
売  → G.skill DDR3-2400 4GBx2+5600円
売  → Asrock FM2A-ITX++4000円




Celeron N3150



Celeron N3150は、Celeronという名前だけど、CPUとしてはAtomの系列にあたるBraswell。ようはSilvermontの14nm版。これが4コアと、12EUのIntel HD Graphicsがついてくる。

そのうち、よりクロックが高く、GPUも16EUとなるPentium N3700搭載ボードも出るらしいので、もっとパフォーマンスが必要なら、それを待ったほうがいいかもしれない。

CPU-Z

celeron_n3150_cpuz_01.png

2.08GHz動作時は、1.08V。本来ならもう少し落とせるのでは、という気がする。電圧の設定などはできないので、確かめようがないけど。L1 Dataは24KB、ちょっと変わった数字だ。



ベンチマーク



比較したもの

CPUCeleron N3150i7 4610Yi7 4770K
世代Braswell, 14nmHaswell, 22nmHaswell, 22nm
コア数4C/4T2C/4T4C/8T
動作周波数1.60 GHz1.70 GHz3.90 GHz [fix]
 (Turbo)2.08 GHz2.90 GHz3.90 GHz
キャッシュL2 = 1MBx2L3 = 4MBL3 = 8MB
メモリDDR3-1600 2chDDR3-1600 2chDDR3-2400 2ch
メモリ容量8GB4GB16GB
iGPU12EU, 640MHz20EU, 850MHz20EU, 1250MHz
TDP6W6W~7.5W84W


※ただし、i7 4610Yはタブレットに搭載されているものであり、TDP=6~7.5Wの制限がかかっていて、2.9GHzで動作することは少ない



メモリ速度



ここで作ったプログラムで測定。

スレッドごとのメモリ速度

Celeron_N3150_01.png

DDR3-1600の2chなので、理論帯域は25.6GB/sなのだけど、なんかえらい遅い気が…。同じメモリ構成のi7 4610Yとかなり大きな差がある。3スレッド目で速度が伸びるのは、Silvermontは2コアを1モジュールとする構成なので、2モジュール目を使い出すのが3スレッド目からだからかもしれない。1モジュールだけだと5GB/s弱が限界なのだろうか。

こうしてみるとやはり徹底して省電力向けのCPUであり、本来メモリはDual channelでなくてもいいのかな、という気がする。



キャッシュ・メモリ速度

Celeron_N3150_02.png

N3150は24K x 4 = 96KまでがL1キャッシュ、2MBまでがL2キャッシュとなる。遅いけど、cycleあたり16byte read or writeなので、まあこんなものかも。



x264/x265



使用ソフト
Aviutl 1.00
lwinput.aui
x264guiEx 2.30
x265guiEx 3.60
x264 rev2538 x64 8bit / 10bit
x265 1.7+199 x64 8bit / 10bit

ソース
H.264 1920x1080p 10.5Mbps 23.976fps 2154フレーム

x264設定
--crf 21 --preset slow

x265設定
--crf 21 --preset slow

計測
一発勝負



結果

Celeron_N3150_05.png

Celeron_N3150_06.png

タブレットのi7 4610Yよりやや遅い、ぐらい。てかx265は遅すぎ…。まあこのCPUでエンコードは普通さすがにしないか…



QSVEncC



使用ソフト
Avisynth+ r1576
LSMASHSource.dll
QSVEncC 2.09β9 (x86)

ソース
MPEG2 1920x1080p 10.6Mbps 29.97fps 5203フレーム
H.264 1920x1080p 25.1Mbps 23.976fps 2293フレーム

QSVEnc エンコード設定
--cqp 24:25:27 --benchmark result.txt --output-res 1920x1080 or 1280x720

計測
一発勝負



MPEG2デコード → H.264エンコード

棒グラフがエンコード速度、折れ線グラフがCPU使用率。
Celeron_N3150_03.png

入力がMPEG2の場合、SWデコードとQSVデコードでは速度にさほど大きな差はない。

N3150Yはi7 4610Yより少し遅い程度で、EU数とGPUクロック、メモリ帯域が圧倒的に不足しているにもかかわらず、善戦している。i7 4610Yは、TDPの制限から、CPU/GPUのクロックが上がりづらいため、スコア差が縮まっているのかもしれない。特にSWデコードでは、i7 4610Yよりも速くなっている。



H.264デコード → H.264エンコード

棒グラフがエンコード速度、折れ線グラフがCPU使用率。
Celeron_N3150_04.png

入力がH.264の場合、CPUが非力なものについてはQSVデコードとSWデコードの差が大きく、QSVデコードのメリットがはっきり出てくる。

MPEG2のとき同様、N3150は、i7 4610Yとだいたい同じくらい。



まとめ



BraswellはSilvermontを14nmにシュリンクしただけで、CPUは大きく変わってない。Silvermontはやはり省電力向けアーキテクチャなので、そのパイプラインも大規模なものではなく、Core i系統と比べるとIPCが格段に低いと予想される。また、実際に測ってみると、メモリやキャッシュ性能も決して高くはないことがわかった。

ただ、そのぶんファンレスで済むほど省電力だ(しかもヒートシンクはぬるい程度)。さらにx264/x265でわかるように、4コアをフルに動かせば、タブレット搭載でクロックが上がりにくいi7 4610Y(2コア)程度となら似たような性能なようだし、QSVなどもそれなりの速度が出る、という感じで、全体としてはそこそこの演算力があるように思う。

一方、通常のアプリの起動やブラウザなどでは、そのシングルスレッド性能の低さから、SSD搭載であるにもかかわらず、もっさりした感触が目立って、あまり快適とはいえない操作感になっている。やはり省電力コアなので、過度な期待は禁物だと思う。

というわけで、まあ当たり前なのだけど、まず省電力が重要な用途が正しい使い方なのだろう。省電力サーバーやNASもどきなどにはちょうどいいかも?



愚痴



ところで、Braswellの内蔵GPUは第8世代、つまりBroadwellと同じらしいのだけど…

celeron_n3150_dxva_01.png

えーと、

HEVCの10bitはどこいったんでしょうねえ…ぐぬぬ。

(ドライバはCD付属の4177)

もともとないのか、Win10だからいけないのか…謎。

Win8.1でもダメでした。

celeron_n3150_dxva_02_win8.1.png


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Braswellで作成したH.264の画質はどんな感じなんでしょうか

Re: No title

特にHaswellと比べ新しいモードが使えるようになったわけではないので、同じ程度です。
プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR