QSVEnc 2.11

念願のSkylake HEVCに対応する。

共通



・Skylake HEVCに対応。(HWエンコード)
ただし、まだ不安定な可能性がある(プレイヤーによっては、ブロック状に割れたりする)。

また、いまのところmuxしながらの出力には非対応(QSVEncC)。

また、ドライバのバージョンによっても動かないかもしれない。とりあえず、4274ドライバは動く。
driver station 4274ドライバ (x64)
driver station 4274ドライバ (x86)



QSVEncC



・VP8に対応しようとしたが、pluginがないと言われ動かなかった。

・--audio-sourceを追加。
--audio-copyとの併用で、外部音声ファイルをmuxできる。

・--check-featuresを改良。
--check-features <出力ファイル名>とすることで、指定したファイルに出力し、出力後、既定のアプリケーションでそれを開く。出力ファイル名が".html"ならhtml形式、".csv"ならcsv形式、それ以外は従来通りのtxt形式で出力する。

例えば、html形式だと、こんな感じで出力できる。

下に一部抜粋。

環境
Win10 x64
Core i7 6700K
Z170 Extreme7+
dGPUなし
Intel HD Graphics 530 + 4274ドライバ

Codec: H.264/AVC
CBR VBR AVBR QVBR CQP VQP LA LAHRDICQ LAICQVCM
RC mode
Fixed Func ××××
Interlace
SceneChange ×××
VUI info
Trellis
Adaptive_I ×××××××××××
Adaptive_B ×××××××××××
B_Pyramid ××
+Scenechange×××××××××××
+ManyBframes××××
Ext_BRC ×××××
MBBRC ×××××
LA Quality ××××××××
QP Min/Max
IntraRefresh ×××××××××××
No Debloc ×××××××××××
Windowed BRC ×××××××××
PerMBQP(CQP) ×××××××××
DirectBiasAdj×××××××××××
MVCostScaling×××××××××××


Codec: HEVC
CBR VBR AVBR QVBR CQP VQP LA LAHRDICQ LAICQVCM
RC mode ×××××
Fixed Func ×××××××××××
Interlace ×××××××××××
SceneChange ×××××
VUI info ×××××
Trellis ×××××
Adaptive_I ×××××
Adaptive_B ×××××
B_Pyramid ×××××××××××
+Scenechange×××××××××××
+ManyBframes×××××××××××
Ext_BRC ×××××××
MBBRC ×××××××
LA Quality ×××××××××××
QP Min/Max ×××××
IntraRefresh ×××××
No Debloc ×××××
Windowed BRC ×××××
PerMBQP(CQP) ×××××
DirectBiasAdj×××××
MVCostScaling×××××


Codec: MPEG2
CBR VBR AVBR QVBR CQP VQP LA LAHRDICQ LAICQVCM
RC mode ××××××
Fixed Func ××××××
Interlace ××××××
SceneChange ××××××
VUI info ××××××
Trellis ××××××
Adaptive_I ××××××
Adaptive_B ××××××
B_Pyramid ×××××××
+Scenechange×××××××××××
+ManyBframes×××××××
Ext_BRC ××××××××
MBBRC ××××××××
LA Quality ×××××××××××
QP Min/Max ××××××
IntraRefresh ××××××
No Debloc ××××××
Windowed BRC ××××××
PerMBQP(CQP) ×××××××××
DirectBiasAdj××××××
MVCostScaling××××××




QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(dropbox)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(220MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です(要 Avisynth + lsmashsource.dll)。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR