Skylake QSV HEVC 画質比較

CPU性能の向上がいまひとつぱっとしないなか、QSVでのHW HEVCエンコ対応は、Skylakeの重要な新機能の一つとなっている。

そのHEVCエンコードにQSVEnc 2.11でSkylake HEVCに対応したので、その画質を調べてみた。

また、ついでにQSV H.264のfixed funcの速度/画質比較も行った。

条件等



環境
Win10 x64
Core i7-6700K @ 4.29GHz (Cache 4.07GHz) (4C/8T) <Skylake>
Intel HD Graphics (24EU) 350-1150MHz (4274ドライバ)
DDR4-3234, 2ch, 16GB
Aviutl 1.00
QSVEnc 2.11
x264guiEx 2.33 + x264 x64 r2579 (kmoisar氏 kmod版)
x265guiEx 3.65 + x265 x64 1.7+427 (自ビルド VC2015)

入力
サクラノ詩 OP (デモ版)
ファイル名: sakura_op.mpg
MPEG1 1280x720 11.5Mbps 1分56秒

設定
QSV HEVC ICQ
-u 4 --icq 24

QSV HEVC CQP
-u 4 --cqp 25:26:28

QSV H.264 ICQ
-u 4 --icq 23

QSV H.264 CQP PG
-u 4 --cqp 24:26:29

QSV H.264 CQP FF
-u 4 --cqp 27:28:28 --fixed-func

QSV H.264 ICQ
-u 4 --icq 23

x264
自動マルチパス 1800kbps --preset slow --qcomp 0.7 --aq-strength 0.4

x265
自動マルチパス 1800kbps --preset slow --psy-rd 1



ビットレートとエンコード速度



ビットレート(kbps)速度(fps)
QSV HEVC ICQ1812.79152.62
QSV HEVC CQP1790.14173.33
QSV H.264 ICQ1884.12346.43
QSV H.264 CQP PG1803.79354.42
QSV H.264 CQP FF1844.59361.11
x2641794.7987.05
x2651787.7113.57


画質を比較するため、ビットレートを1800kbps付近にそろえた。エンコード速度はQSV H.264が圧倒的に速く、QSV HEVCは約半分の速度となっている。

H.264のFixed Funcと通常のGPUを使うモードでは大きな速度差はないようだ。



769フレーム目 (1からカウント)



オリジナル
sakura_op_769_orig.png


QSV HEVC ICQ 1812.79kbps
ちょっと微妙な感じ。かなりざらついていることがわかる。
sakura_op_769_qsv_hevc_icq.png


QSV HEVC CQP 1790.14kbps
ICQよりはよいだろうか。
sakura_op_769_qsv_hevc_cqp.png


QSV H.264 ICQ 1884.12kbps
HEVC CQPと似たようなもの。
sakura_op_769_qsv_h264_icq.png


QSV H.264 CQP PG 1803.79kbps
このフレームはICQよりCQPのほうが良い画質に出るようだ。
sakura_op_769_qsv_h264_cqp_pg.png

QSV H.264 CQP FF 1844.59kbps
Bフレームがない分、画質が落ちているのがわかる。
sakura_op_769_qsv_h264_cqp_ff.png


x264 1794.79kbps
さすがの高画質。
sakura_op_769_x264.png


x265 1787.71kbps
わかりにくいが、高画質のx264よりさらに画質が良い気がする。
sakura_op_769_x265.png




1748フレーム目 (1からカウント)

オリジナル
sakura_op_1748_orig.png


QSV HEVC ICQ 1812.79kbps
ここではCQPよりも画質が良い。まあそこそこの画質。わずかにH.264 ICQよりよいかも?
sakura_op_1748_qsv_hevc_icq.png


QSV HEVC CQP 1790.14kbps
このフレームではICQ > CQPとなるようだ。
sakura_op_1748_qsv_hevc_cqp.png


QSV H.264 ICQ 1884.12kbps
それなりに良い画質だろう。
sakura_op_1748_qsv_h264_icq.png


QSV H.264 CQP PG 1803.79kbps
だいぶ甘くなっている気がする。
sakura_op_1748_qsv_h264_cqp_pg.png


QSV H.264 CQP FF 1844.59kbps
やはりBフレームがないのはきついか。
sakura_op_1748_qsv_h264_cqp_ff.png


x264 1794.79kbps
安定の高画質。
sakura_op_1748_x264.png


x265 1787.71kbps
さらにすっきりしている。
sakura_op_1748_x265.png



まとめ



ざっと画質を見てきたが、残念ながらH.264→HEVCで大きな画質の向上は発見できなかった。まあ、もちろん、今回は設定とかほとんど触ってないので、たとえば設定を高画質寄りに振るなどしてみるとまた違うかもしれない。

ともかく、QSVEnc 2.11でとりあえずSkylake HEVCエンコードが可能となったので、もしSkylakeを持っている方がいたら、遊んでみてください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR