CentOSでQSVEncで使用するライブラリをインストール

QSVEncをビルドする際に、オプションとして使用できるライブラリのインストールについて。

ライブラリのビルド



QSVEncCに必要となるffmpegVapourSynthAvxsynthをビルド・インストールしておくと、QSVEncでこれらを使用した機能が有効になる。

まず、yumでインストールできるものはしてしまう。

sudo yum install cmake fontconfig fontconfig-devel bzip2 bzip2-devel pkgconfig



ビルドオプションの設定と、ライブラリのインストール場所にパスを通す。

export LD_LIBRARY_PATH="/usr/local/lib:${LD_LIBRARY_PATH}"



必要なものをダウンロードしておく。
ffmpeg
yasm
l-smash
lame
twolame
opus
libogg
libvorbis
soxr



一気に解凍しておく。

for f in *.tar.gz; do tar -zxvf ${f}; done
for f in *.tar.bz2; do tar -zxvf ${f}; done
for f in *.tar.xz; do tar -zxvf ${f}; done



まずyasmをビルドしてインストールする。

cd yasm*/
./configure
make -j8 && sudo make install
cd ..



l-smashをダウンロード後、インストール。

git clone https://github.com/l-smash/l-smash.git
cd l-smash
./configure --enable-shared
make -j8 && sudo make install
cd ..



lameをビルド、インストール。

cd lame*/
./configure --enable-shared
make -j8 && sudo make install
cd ..



twolameをビルド、インストール。

cd twolame*/
./configure --enable-shared
make -j8 && sudo make install
cd ..



opusをビルド、インストール。

cd opus*/
./configure --enable-shared --enable-float-approx --disable-doc --disable-extra-programs
make -j8 && sudo make install
cd ..



liboggをビルド、インストール。

cd libogg*/
./configure --enable-shared
make -j8 && sudo make install
cd ..



libvorbisをビルド、インストール。

cd libvorbis*/
./configure --enable-shared
make -j8 && sudo make install
cd ..



soxrをビルド、インストール。

cd soxr*/
cmake -D BUILD_SHARED_LIBS:BOOL=ON ..
make -j8 && sudo make install
cd ..




ffmpegをビルド、インストール。

cd ffmpeg
PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig ./configure \
--cpu=x86_64 \
--enable-shared \
--enable-gpl \
--disable-doc \
--disable-avdevice \
--disable-devices \
--disable-postproc \
--enable-avresample \
--disable-network \
--enable-fontconfig \
--enable-libfreetype \
--enable-libmp3lame \
--enable-libopus \
--enable-libtwolame \
--enable-libvorbis \
--enable-pic \
--disable-amd3dnow \
--disable-amd3dnowext \
--disable-xop \
--disable-fma4 \
--extra-cflags="-I/usr/local/include" \
--extra-ldflags="-L/usr/local/lib"
make -j8 && sudo make install
cd ..




VapourSynthのビルド



次に、VapourSynthをインストールする。

CentOSにデフォルトでインストールされるのはpython2.x系だった。VapourSynthではpython3.x系が必要になる。まず、準備として、python3.x系をインストールする。

yum list python3* #yumでインストールっできるものを確認
sudo yum install python34 python34-devel



次に、python3用のpipをインストールする。なんか結構面倒だ。

wget https://pypi.python.org/packages/source/d/distribute/distribute-0.6.49.tar.gz
tar -xvf distribute-0.6.49.tar.gz
cd distribute-0.6.49
sudo python3.4 setup.py install
cd /usr/lib/python3.4/site-packages/distribute-0.6.49-py3.4.egg
sudo ./easy_install.py pip



VapourSynthではcythonも必要なのでインストールしておく。

sudo pip3.4 install cython



さらに必要になるlibassもインストールしておく。

sudo yum install libass libass-devel



VapourSynth R28をビルドする。

tar xvf vapoursynth-R28.tar.gz
cd vapoursynth*/
./autogen.sh
PYTHON=/usr/bin/python3.4 PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig ./configure --disable-ocr
make -j8 && sudo make install



VapourSynthの動作確認を行う。

PYTHONPATH=/usr/local/lib64/python3.4/site-packages vspipe --version


centos_install_0061.png
エラーが出ずにバージョンが表示されればOK。


ついでに、 vslsmashsourceをビルドする。

git clone https://github.com/VFR-maniac/L-SMASH-Works.git
cd L-SMASH-Works/VapourSynth
PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig ./configure
make -j8 && sudo make install
cd ../..




Avxsynthのビルド



Avxsynthをインストールすると、avs読み込みが可能となる。

インストールのログはどっかへやってしまったので省略。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR