DebianでQSVを使用する

別系統のLinux、Debian8.2でもQSVEncCが使用できるか実験した。

debian8.2_13.png

環境



Debian 8.2 x64
Intel Core i7 4770K @ 4.2GHz
Asrock Z97E-ITX/ac
RAM 8GB
HDP725050GLA360 (USB3.0接続)

SSDがもうないのでHDDを使ったら遅い…勘弁してほしい…



Intel Media Server SDKのインストール (必須)



事前準備として、Intel Media Server SDKのインストールを行う



QSVEncで利用可能なライブラリのインストール



QSVEncではオプションとして、ffmpeg、VapourSynth、Avxsynthを利用した機能があるので、必要であればこれらをインストールする



QSVEncCのビルド



QSVEncをダウンロード、解凍し、ビルドする。ffmpeg、VapourSynth、Avxsynthがインストールされていれば自動的に検出して使用可能になる。

unzip QSVEnc_2.*.zip
cd QSVEnc_2.*/
7za x QSVEnc_src.7z
cd QSVEnc
chmod u+x configure
./configure
make -j8 && sudo make install



configure後の様子
debian8.2_10.png


ENABLE_AVISYNTH_READER
ENABLE_VAPOURSYNTH_READER
ENABLE_AVCODEC_QSV_READER

がそれぞれAvxsynth、VapourSynth、ffmpeg (libavcodec, libavformat)のライブラリを使用するかどうかで、"1"になっていれば、正常に検出できている。


正常にqsvenccがビルドできた。
debian8.2_11.png



QSVEncCの動作確認



CQPでは無事正常に動作した。

debian8.2_13.png

avqsv経由で正常にエンコードできている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

要望です

すいません、どこに書けばいいのか分からなかったので技術系の最新記事のここに書かせていただきます。

avisynthの「warpsharpパッケージ改造版 by seraphy 」に含まれるavsfilter.dll/avsfilter.aufをAvisynth+対応にすることは難しいのでしょうか?

avisynth+
http://avs-plus.net/

warpsharpパッケージ
http://www.avisynth.info/?warpsharp%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8

検討よろしくお願いします

技術的に可能かはさておいて、

一応、念の為に書いておきますと、warpsharpパッケージはGPLなので、ソースコードを頒布することができないAviUtlのプラグインとしてそのバイナリを配布することはライセンス違反である可能性があります。

swが空欄

質問を一つお願いします。

先日Win10にアップデートして以降、qsvencが利用できなくなってしまいました。
http://i.imgur.com/sL1a6gS.png
画像のようにIntel Media SDKのswの欄が空欄になってしまっております。
グラフィックドライバは15.40.10.64.4300を導入済みです。
CPUは4790kを利用しています。

なにか考えられる解決策はありますでしょうか?

No title

> avsfilter.dll/avsfilter.aufについて
ご指摘があるようにライセンス的なこともあるのかもしれませんが、それ以前に、わたしには技術的に難しいです。

AvisynthとAvisynth+の差がよくわかったいませんし、avsfilterの中身もちょっとよくわかりません。すみません。


>swが空欄
最近のQSVEncはsw版の対応を行っていないので、そのようになるのが正常です。

必要なのはハードウェアエンコードだと思いますので、hwのほうが認識できていれば問題ありません。

一応解決?

>最近のQSVEncはsw版の対応を行っていないので、そのようになるのが正常です。

なるほど、これは正常だったのですね、ありがとうございます。

エンコードが利用できなかった問題ですが、Aviutlを「互換モードでこのプログラムを実行する」のチェックを外してから起動した所、無事qsvencが利用できるようになりました。
お騒がせしてすみませんでした。

rigaya氏へ

お手数をかけさせてしまいすいません
ありがとうございました

ビルドできない?

どのバージョンからか分かりませんがビルドできなくなりました。
configureスクリプトのwrite_config_mak()の}が抜けていたりするようです。
確認いただけると助かります。

Re: ビルドできない?

申し訳ありません、最近は確認していなかったもので…。

確認してみます。

Re: ビルドできない?

QSVEnc 2.44で修正しましたので、お試しいただければと思います。
http://rigaya34589.blog135.fc2.com/blog-entry-772.html

Re: ビルドできない?

修正ありがとうございました。無事にビルドできるようになりました。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR