QSVEnc 2.31

※2016.02.10 22:35 QSVEnc 2.31に更新。

ご指摘いただいた問題の修正と機能の追加。


QSVEnc 2.31



2.29以降、ffmpegのdllがない場所で実行するとエンコード終了時に落ちていたのを修正。
指摘いただいた問題を修正。
AviutlのQSVEnc.auoでは0xc06d007e例外(不明なアプリケーション例外)[kernelbase.dll]で落ちていた。



QSVEnc 2.30



・hls出力で、m3u8ファイルが正常に出力されないのを修正。
ご指摘ありがとうございました。これで大丈夫だと思いますが、もしまだ問題等ありましたらお知らせいただければ幸いです。

・ffmpeg_dllを更新。
udp読み込み時に問題があったのを修正。特に--avqsv-analyzeを指定しなくても問題なく動作するようになった。

udp→hlsは、下記のようにすれば問題なく動作すると思う。

-i udp://127.0.0.1:1234?pkt_size=262144^&fifo_size=1000000
-o S:\test.m3u8 --gop-len 60 --audio-codec aac
-f hls -m hls_time:10 -m hls_allow_cache:1
-m hls_segment_filename:test_%03d.ts


あと便利かもしれないオプションは、

・インタレ解除
--vpp-deinterlace bob --tff

・CPU使用率削減
--output-thread 0

・GPU使用率削減 (Skylakeのみ、画質低下)
--fixed-func

・stereo強制
--audio-stream :stereo
QSVEncCは、デフォルトではエンコード開始時点の入力音声のチャンネル数で音声エンコードをしようとするが、上のコマンドでほしいチャンネル数を指定できる。

・デュアルモノ分離
--audio-stream FL

注意事項としては、
(1). RFFには非対応。
(2). 途中で映像の解像度が変更になる場合は非対応。

特に、(2)については、もし必要であれば対応しようかと思いますが、(1)については対応できる気がしません。(2)のほうはもし要望があったら言ってください。どうすればよいか考えてみたいと思います。


・チャプターファイルを読み込むオプションを追加。
--chapter <string>
nero形式とapple形式に対応する。 --chapter-copyとは併用できない。

・使用メモリの種類がunknownと表示されてしまうことがあるのを修正。
ご指摘ありがとうございます。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(dropbox)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(約220MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エンコード終了時にエラーが発生します

こんばんは。いつも便利に使わせていただいています。

今回、QSVEnc2.30にアップデートしたところ、エンコード終了時にエラーメッセージが出てファイル出力に失敗するようになりました。どのバージョンからエラーが出るようになったのかバージョンを入れ替えつつ探ってみたところ、2.29までは正常に終了することが分かりました。

バージョン違いで正常に動作しないということですので、おそらくはQSVEnc側の問題かと思います。もしよろしかったら、対応よろしくお願いいたします。

動作環境とエラーメッセージの内容を以下に示します。

-------------------------

動作環境:
Core i3-4310T
Windows7 64bit版
ドライバ:10.18.14.4264
AviUtl 1.00
エンコ条件:拡張QSV出力の「CQP(固定量子化量)」使用

-------------------------

エラーメッセージ(ダイアログボックス):
AviUtl : Appplication Exception

アドレス"0x76fcc42d"で例外"0xc06d007e"が発生しました

発生モジュール:KERNELBASE.dll
オフセットアドレス:0x0000c42d
備考:OUTPUT_PLUGIN_TABLE::func_output() [拡張 QSV 出力]

正常な動作が出来ない可能性がありますが処理を続行しますか?

はい(Y) いいえ(N)

-------------------------

以上よろしくお願いいたします。

No title

n3150(Braswell) on Linux で動くか確認してもらうことって可能でしょうか?

No title

連投すいません、MediaServerStudioEssentials2015R6じゃ動かないのですね
コメントは無視してください

Re: エンコード終了時にエラーが発生します

詳細な報告いただきありがとうございました。

QSVEnc 2.31で修正いたしました。お試しいただければと思います。

Re: Re: エンコード終了時にエラーが発生します

迅速な対応ありがとうございました。

QSVEnc2.31にしたところ、KERNELBASE.dllのエラーは起こらなくなったのですが、しばしば別の様々な問題が起きるようになりました。

1. AviUtlの「拡張 QSV 出力」設定画面を表示した瞬間にAviUtlが落ちることがある。
2. AviUtlの「拡張 QSV 出力」設定画面でエンコ条件を設定したのちにエンコードを開始させると、開始時にAviUtlのダイアログボックスが出て、前回同様のダイアログに例外"0xc0000005"がntdll.dllで発生した旨の表示があり、エンコードに失敗する。
3. AviUtlの「拡張 QSV 出力」設定画面のOKを押したときに「System.OutOfMemoryException」の表示が出てOKが押せないことがある(詳しいスタックトレースを記録し損ねて以来再現が取れてません。すいません。)
4. AviUtlの「拡張 QSV 出力」設定画面のOKを押して画面が閉じた直後にAviUtlのダイアログボックスが出て、例外"0xe0434352"がKERNELBASE.dllで発生した旨の表示が出ることがある。

AviUtlを起動してから一度も「拡張 QSV 出力」設定画面を表示せずにそのままエンコードを開始させたら安定しているようですので、その設定画面に問題があるのかもしれません。

動作環境は昨日のCore i3-4310Tの環境です。

以上、もしよろしかったらご対応よろしくお願いいたします。

No title

例外の見本市みたいになってしまっており、申し訳ありません。

ただ、残念ながら2.31はこちらでは快調に動作しており、原因不明です。正直なところ2.26以降設定画面はほとんど触っていないので、突然不調になった理由がよくわからないです。

No title

お世話になります。
開発ありがとうございます。

参考になるか分かりませんが
ドライバ:10.18.10.3412 ですと
QSVEnc2.26以降は
上手く動作しませんでした。

ドライバ:10.18.14.4332 に変更すると
QSVEnc3.31は
問題なく動作するようになりました。

Re: No title

情報ありがとうございます。そのあたりでなにかおかしなことをしていないか、調べてみます。

Re: No title

ご回答ありがとうございます。

私の環境に何か問題があるかもしれない件、承知いたしました。ちょっと私のほうでもいろいろできる限り探ってみようと思います。お騒がせいたしました。

Re: No title

連投失礼いたします。

QSVEncが不調になっているAviUtlで、QSVEnc周りのプラグイン、exe、dll、設定ファイル、プロファイル等をいったんすべて削除し、QSVEncを再インストールしたところ、正常に動くようになりました。古いバージョンに対する上書きインストールで問題が発生していたか、もしくは、プロファイルや設定ファイル等がバージョン間での互換性に問題を起こしていた可能性があります。

原因の特定には至らず申し訳ございませんが、以上、ご報告申し上げます。

Re: Re: No title

情報いただきましてありがとうございます。ひとまず正常に動くようになってよかったです。お手数おかけしてすみませんでした。

おそらくプロファイル設定(特にAviutl側に保存されるもの)について、QSVEncがバージョン間で互換性などに問題があったため、発生した問題だと思います。このあたり、一度問題が発生してしまうと対策が難しいです…。
プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR