QSVEnc 2.32

※2016.02.13 19:30 バージョン番号が2.31のままだったので修正。

大量の不具合修正。

コメントやスレで不具合のご指摘・ご報告をいただきましてありがとうございました。あと、不具合を量産してごめんなさい…。2.27以降いろいろ急激に機能拡張をしすぎました。ちょっと疲れた…。

[共通]



・さまざまなパラメータの値に対するチェックを強化。
範囲外の値でないかをチェックする。

このあたりは、Media SDK側で一応チェックして、値に異常がある場合にはInvalid Optionsでエラー終了するはずなのだが、そこを通過してしまい、エンコード開始後にエラーで落ちる場合があるのではないかという心配があるので、事前にチェックするようにした。

・エンコード開始時の機能チェックの際に、初期化済みsessionを使うことでチェックを高速化。
QSVEncの重すぎる初期化高速化その1。あまり効果はない。

・Sandybridgeでd3dメモリでVPPを使用する際に、正常に動作するにもかかわらず、エラーメッセージが表示されるのを(たぶん)修正。
具体的には、"QSVAllocator: Failed CheckRequestType:"

2.27から発生した問題。スレでご指摘いただいたもの。ありがとうございます。

実機がないのではっきりとは言えないが、Sandy(もしかするとIvyも?)で発生するのかなと思う。(Haswellでは発生しなかった。) Media SDK内部でエラー発生→自動修復が行われているようで、そのエラー発生時に2.27のログ強化以降、その内部エラーが表示されるようになってしまっていた。エンコードには影響なし。



[QSVEnc]



・bob化の際、進捗表示が200%になっていたのを修正。
・bob化の際、fpsが倍にならなくなっていた問題を修正。
2.27から発生した問題。これもスレで報告いただいたもの。ありがとうございます。



[QSVEncC]



・音声関連オプションを複数指定する際に、--audio-streamを使用すると同一trackへの指定として扱われないのを修正。
コマンドを記述する順番によっては、--audio-streamを指定すると正常にエンコードできない、ということになってしまっていた。

・ffmpegのdllが存在しないときに--audio-streamを使用すると例外で落ちてしまうのを修正。
QSVEncCは一応、ffmpegのdllがなくても最低限動くように作っている…はず。

・出力ファイルのフォルダが存在しないとエラー終了するのを修正。

・--fade-detectが効いていなかったのを修正。

・helpを整理。
まあでもヘルプを見るよりは、こちらのほうが分かりやすいと思う。

どうも英語圏の方も使われているようなので、そういう方用。というかオプション一覧のページの英語版があったほうがいいのかなあ。

・helpにvpp-denoise, vpp-detail-enhanceの値の範囲を明記。
実は書かれていなかった。

・Linux向けがコンパイルできなかったのを修正。
2.27で大改造して以来、コンパイルできていなかった。



TVRemoteViewer_VB/TvRemoteFiles使用時に発生する問題について



配信環境はi7 6700K @ 4.2GHz, Win 8.1 x64, 4352ドライバ, P○3, 凡ドラはSpi○el。

一般に音声は再エンコードしてしまったほうが安定みたい。

・音ズレ
再現できていません。…音のほうが遅れるのでしょうか?

・segment間のぷつぷつ
作者様に調整いただいたおかげで、firefoxやchromeでもぷつぷつしなくなりました。

・NHK-Gの配信失敗
デュアルモノ時などに、初期化に失敗することがあります。確率はかなり低く調査が難しいですが、もう少し調べてみようと思います。ts直読みでは再現できていません。

・NHK-Gの音声切り替え
音声コピー時には追従できません。音声再エンコードすれば、自動的に追従します。(…するはずです…。)



QSVEnc.auo側で発生した不具合について



正直に申し上げて、原因は判明していません。おそらくプリセットの設定保存に不具合が生じたものと思っています。今回、パラメータの値のチェックを強化したのも、すこしでもこういう問題を減らせれば、という理由からです。

なぜか不安定だという場合、お手数ですが、設定画面のデフォルトボタンで設定をクリアしていただいて、再度設定していただけると解消するかもしれません。非常に面倒なので申し訳ないのですが…。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(dropbox)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(約220MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新ありがとうございます
TVRemoteViewer_VB使用時の音ずれですが
当方の場合、映像が遅れます
地デジの場合は問題ないのですが、WOWOWだと音ずれが発生しました。
再生直後は問題無いように見えても、少しするとだんだん音ずれが酷くなって、最終的には音ずれが許容範囲を超えるのか、再生自体おぼつかなくなる感じです。

使用PCはNUC5i3RYHでCPUはCore i3-5010U、メモリ8GB、OSはWin10を使っていて、クリーンインストールしたWin7をそのままWin10にアップグレードした形です。

Re: No title

情報ありがとうございます。

現在音ずれの原因がなんなのか調べています。負荷によるものなのか、放送局によるものなのか…。

放送局によるものだと、こちらで受信できない局だと対応が難しくなるかもしれません。(関東以外の放送局/WOWOW/STAR Channel/CS等)

もともとBS-JapanやCS系はRFFの場合があり、間違いなく音ずれしてしまいます。

No title

WOWOWはRFF使ってるので、多分そうじゃないですかねー。

Re: No title

なるほど、WOWOWもRFFなことがあるのですね。教えていただきありがとうございます。

RFFの症状として、だんだん音ずれがひどくなっていく、というのも合致するので、やはり徐々にずれていく場合はRFFが原因というので確定な気がします。これはどうすればいいのかなあ…。

最初からすこしずれている場合もあるそうなので、そういう場合についてまだ調べてみる必要がありそうです。

No title

地デジなどの音ずれに関しては、音声エンコードやTVRemoteViewer_VB最新版でほぼ問題無くなった感じです。

ちなみにQSVEncをRFFに対応させるのは難しいのでしょうか?
プログラミングにはあまり詳しくないので、なんともわからないのですが…

No title

RFFをなんとかする場合、
decode->VPP->encode
のプロセスをQSVの中だけで閉じられないんじゃないかなぁ。
MediaSDKのPicStructでExtendedPicStructがtrueならdecode->VPP->encodeとフィールドのリピートを伝送してくれるとのことだが、本当にやってくれるのかっていうのと、再生時にプレイヤーが反映してくれるのかっていう。
libavcodecをデコーダに使うなら素直に参照カウントを有効にしてフィールドコピーでフレーム構築して食わせるとか。1-in-1-outじゃなくなるのがちょっと面倒くさいが。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR