Celeron N3150でTVRemoteViewer + QSVEncC

TVRemoteViewerでQSV使用の実験として、Celeron N3150でどのくらいまで行けるのか確認した。主目的はCPU/GPUのパワーが低い際に音ズレしないかの確認。

sakura_comic

[モニタ左] 録画PC: i7 6700K @ 4.2GHz, RAM=16GB, Win 8.1 x64
[モニタ右] 配信PC: Celeron N3150, RAM=8GB, Win10 x64
[端末左] 再生中1: VAIO Tap 11 (i7 4610Y), RAM=4GB Win10 x64 Edge
[端末中] 再生中2: Xeperia Z1 Android Chrome
[端末右] 再生中3: CHUWI Hi8 Pro (Atom x5 Z8300), RAM=2GB, Win10 x86 Edge

配信環境: TvRemoteViewer_VB 1.89 + TVRemoteFiles 1.72 + QSVEncC 2.32 (x64)

普段は録画用にはi7 6700Kのマシンを使用していて、さすがに録画環境をいじりたくはなかったので、録画と配信が分かれた構成となっている。再生側の端末はすべてWi-fi接続(家庭LAN内)。

3ストリーム (BS11→1280x720, NHK-G→960x540, BSA→960x540)を配信中のN3150環境の様子。

sakura_comic

CPU使用率は50%~70%前後で、音ズレは確認できなかった。やはり放送局によるのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

rigaya様、お久しぶりです。

QSVencでの音ズレですが、私の環境(3770K)でもBSはほぼ全滅です。ただし、ズレない、もしくはズレがよくわからない番組もあります。
2chでも述べられているWOWOWも番組によるようです。映画はズレるけど錦織のテニスはズレないような...
それから、Liveでズレを確認した番組の全サービスをを録画したTS Fileを視聴してもズレないようです。ズレは番組をStream入力した場合にのみ発生するようです。
2ヶ国語放送とかでなくても音ズレは発生します。

ズレ方は必ず徐々にズレていきます。Streaming開始から1分以上待てばズレははっきり確認できます。
AudioはCopyしても、再encodeしてもどちらでもズレます。
それから、CPU/GPUの負荷はおそらく無関係です。無負荷時でも音ズレは発生します。

StreamBufferに作成されたTS Fileをみてみると、音のズレた状態のTS Fileが作成されています。この点から考えるとencode時の問題ではなくて、元のTS Streamをdemuxする時点でズレてしまっているのではないでしょうか?
このTS Fileは8秒間隔くらいで作成されるようですが、音ズレはそのうちこの8秒間隔も超えているようです。2chにもCM1本分くらいズレるとの報告もあったと思います。

ffmpegでは音ズレしないことから、ffmpegで音声のみencodeしてQSVencでencodeした映像とmuxとかできれば対処療法にはなりそうですが、動画は私にはよくわからない領域なので手が出せません。

rigaya様の環境で再現できないことには解析も始められないと思いますので、早く再現できるとよいのですが。
ログ取りとか同じ番組での同時テストとか何か私で協力できることがあれば申し付けください。

Re: No title

BSは全滅というと、一般的なNHKBS1/2、BS日テレ、BS-TBS、BSA、BS11、TwellVなどでもずれるということでしょうか。こちらでは大丈夫なのですが…。

RFFの使い道というと、基本はソース24pものに使うという認識ですので、テニスはずれないけど映画はずれる、というのはRFFが原因な気がします。でもその場合、streamingだけでなくts入力でもずれるはずで、streaming中だけずれるとなると謎が深まりますね…。

No title

局というよりは番組依存するみたいです。
昨晩やってた「ティファニーで朝食を」(STAR3)は酷いズレ、でも今やってる「ランボー」(BS日テレ)はズレなし、「鉄血のオルフェンズ」(BS11)はややズレみたいな感じです。

プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR