QSVEnc 2.33

不具合の修正、ほか。

[QSVEnc]
・ゼロ除算例外(0xc0000094)を修正。
ご指摘ありがとうございます。QSVEnc.auoのほうはたびたび問題があってすみません。

[QSVEncC]
・すこしの音声のデコードエラーは無視して処理を継続するようにした。エラーの箇所は無音に置き換える。
具体的には、連続するデコードエラーの数をカウントし、閾値(デフォルト=連続10回)以内ならエラーを無視して無音に置き換え、処理を継続する。ちょっとしたdropとかでいきなりその後すべて無音になるのもあほらしい、ということで、ある程度のエラーを許容するようにした。

まあ、このあたりは人によってはこういうエラーは直ちにエラー終了するのが正しい、という人もいるかもしれないので、閾値を--audio-ignore-decode-error <int>で設定できるようにしてある。デフォルトは10 ( = 連続10回のエラーでエラー終了)。つまり、このオプションで "0" とすれば、1回でもデコードエラーが起これば処理を中断してエラー終了する。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(dropbox)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(約220MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

QSVプラグインを最近使い始めました。

インタレ保持でエンコードするとフレームレートが倍になってしまうようです。当方の使い方がどこか間違っているのかもしれませんが…。

Re: No title

再生時に映像が倍速になってしまうということでしょうか?

こちらではそうした現象は確認できませんが…。

No title

作者様

開発お疲れ様です。追試結果を記します。

入力ファイルは、
・29.97fps 総フレーム数3976

QSVEncで出力されたMP4は、
・エクスプローラのファイルプロパティ: 59fps
・AviUtl+L-SMASH Worksで読み込み: 59.94fps 総フレーム数7952
・真空波動研: 59.94fps 総フレーム数7952

再生速度が倍になったりすることはなく、正常です。
なお、x264guiExは29.97fpsで出力してくれました。

このフレームレートのせいかわかりませんが、再生環境によってはちらつきが発生する「ことがある」ようです(一時停止→再生を繰り返すと正常に戻ったり、逆にちらつきが発生したり)。

下記はQSVEncのログ出力の抜粋です。

qsv [info]: Input Info auo: yuy2->nv12i [AVX2], 1440x1088, 30000/1001 fps
qsv [info]: Output H.264/AVC High @ Level 4
qsv [info]: 1440x1088i 1:1 29.970fps (30000/1001fps), interlaced(tff)
qsv [info]: Target usage 4 - balanced
qsv [info]: Encode Mode Constant QP (CQP)
qsv [info]: CQP Value I:24 P:26 B:27
qsv [info]: QP Limit min: none, max: none
qsv [info]: Trellis Auto
qsv [info]: Ref frames 3 frames
qsv [info]: Bframes 3 frames, B-pyramid: on
qsv [info]: Max GOP Length 300 frames
qsv [info]: Scene Change off
qsv [info]:
qsv [info]: encoded 3976 frames, 33.35 fps, 15010.85 kbps, 237.40 MB
qsv [info]: encode time 0:01:59, CPULoad: 30.71%
qsv [info]: frame type IDR 14
qsv [info]: frame type I 14, total size 2.28 MB
qsv [info]: frame type P 994, total size 90.01 MB
qsv [info]: frame type B 2968, total size 145.11 MB
auo [info]: QuickSyncVideoエンコード : 0時間 2分 0.7秒

Re: No title

> 再生速度が倍になったりすることはなく、正常です。
とありますので問題ないかと思うのですが…。

QSVのインタレ保持はPAFF方式というもので、表示のfpsは倍になりますが、普通のプレーヤーであれば、おっしゃるように倍速再生にはならないはずで、問題ありません。

No title

作者様

i探してみたところ、 http://rigaya34589.blog135.fc2.com/blog-entry-311.html に同じ質問が出ていましたね。大変失礼しました。

ちなみに、ペガシスの市販動画編集ソフトはIntel Media SDKを使いつつ、MBAFFで出力しているように見えます(体験版試用中)。よくわかっていませんが…。

もう少し試行錯誤してみます。
ご回答ありがとうございました。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR