EaseUS Partition Master Freeでパーティションサイズ変更

現在、Win8.1/Win10マシンばかりになってしまい、Win7環境がないのだが、QSVでテストしたいことがあるので、Win7環境を作ることにした。

今回、すでに使用しているSSD(480GB)の先頭部分に空きを作って、そこにWin7をインストールすることにした。ちょうどEaseUS Partition Master Freeの紹介依頼があったので、これを使用させていただくことにした。

EaseUS Partition Master Freeは、パーティション分割、形式の変換、サイズの変更などを行うことができるソフト。

まあ、パーティションサイズとかは、Windowsの標準機能でもある程度は操作できるのだが、正直使い物にならんことが多い(というか使えた記憶がない)。例えばディスクを縮小したいときに、ディスク内のデータを移動してのディスクサイズの縮小に対応していないため、ほとんど縮小できないことがわりによくある。

EaseUS Partition Masterを使えば、ディスク内のデータをしっかり移動してくれるので、ディスクの使用容量ぎりぎりまでの縮小や、今回行おうとしているディスクの先頭部分を空けるといったことも可能なはず…ということで試してみた。



システムはもともとはWin 8.1 + 4770KにSSDを2枚(256GB + 480GB)積んでいるマシン。今回、480GBの先頭を空けて、そこにWin7をインストールしたい。

最初の状態は、Windowsの標準機能で見るとこんな感じ。
epm_00

この下段のディスクボリュームDの先頭にWin7をインストールしたい。とりえあえず96GB分ぐらい確保してみようと思う。

起動するとこんな感じ。

epm_01



プログラムを起動、をクリック。現在の状態が表示される。

epm_02



対象のディスクは下段なので、下段を選択したら右クリックして、「パーティションのサイズを調整またはパーティションを移動する」をクリック。

epm_03



先頭に96GBの空き領域を作ろう。左端の丸いところをつかんで、適当にスライドさせてやればよい。設定したらOKをクリック。

epm_04



もとの画面に戻り、画面の上のほうにあるチェックボタン(変更を適用する)をクリック。次のような画面が出る。OKすると処理が始まるが、時間がかなりかかる場合があるためか、処理が終了したらシャットダウンするオプションが用意されているので、必要であればチェックを入れるとよいと思う。HDDなどに対する処理ならだいぶ時間がかかる場合もあると思う。

epm_05



今回は、OKを押すと次のような画面が表示された。今回はOSの含まれないドライブを対象としているので、Windowsが再起動することなく、Windows起動中に処理が行われているが、OSの含まれるドライブに対する処理の場合には、Windows起動中ではパーティション操作が行えないので、自動的に再起動がかかり、Windowsが起動する前にEaseUS Partition Masterが処理を行う。

epm_06



無事終了した。この日本語訳は…ちょっと謎である。うーん。まあ意味は分かるが…。

epm_07



もう一度確認すると期待通りパーティションの先頭に96GBの空き容量ができていることがわかる。

epm_08



現在、Win7のインストールまで行った。この段階で、Win7の標準機能からみた様子がこちら。

epm_09

これで今後、このWin7環境(4770K)でQSVの検証が行えるようにしたい。



本来、今回のような「ディスクの先頭に空きを作る」ようなことは、Wndows標準の機能では困難で、実際にはデータを別のディスクに吸い出して全部空にしたうえでパーティションを切り、再度データを書き戻す、といった結構面倒な処理が必要になる。

その点、今回使わせていただいたEaseUS Partition Master Freeでは、GUI上の直感的な操作で、パーティションサイズの変更等を容易に行うことができる。中ではデータ移動などをやってくれているのであろうが、そういったことを気にする必要はなく、簡単な操作で行うことができ、たまに出てくる怪しい日本語化を除けば、わかりやすいのではないかと思う。

その他の機能もいろいろあるようなのだが、あまりパーティションは切らないので…。(切るよりはディスクを追加したほうがはやい…)

例えば、ディスクのクローン機能もあるので、Cドライブまるごと移動したいときには便利そう。特にHDDからSSDに移行とかの時には重宝しそうだと思う。



というわけで、EaseUS Partition Masterのおかげで、Win7環境を再度構築できました。ありがとうございます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR