QSVEnc 2.46

要望を反映した機能の追加など。--avsync forcecfrを入力がH.264の時にも使用できるようにしたのと、字幕を焼き込めるようにした。

※今回はdllの更新も必須です。

・H.264入力でも--avsync forcecfrが使用可能に。
いままでMPEG2しかできなかったのだけど、H.264入力でもできるようにした…はず。動きががたつくとは思うけど、vfrの場合でもを強制的にcfrに変換できる。(--fpsも合わせて指定してください)

結構いろいろなファイルでテストしたけど、わりとごちゃごちゃ変える羽目になったので、まだ不具合が残っているかもしれない。

・--check-featuresでテキストで出力すべき時にもHTMLで出力されていた部分があったのを修正。
ご指摘ありがとうございます。

・libassを使用して字幕を焼きこむ機能を追加。(--vpp-sub <int> or <string>)
整数での指定は、入力動画ファイルの指定された字幕トラックを抽出して焼きこむモードで、文字列指定での指定は、入力動画ファイルとは別の字幕ファイルを読み込んで焼きこむモード。

一応焼き込みに必要なblendのところはSIMDで高速化してあって、いつもどおりAVX2 / AVX / SSE4.1 / SSE4.1 pshufb slowの4モードから最適なものが自動的に選択される。(pshufb slowはatom系CPU用のモード)

仕組みとしては、vpp-delogoと同じような感じで、QSVのカスタムフィルタを追加する感じで、まあ、作るのはそれなりに大変だった。

libavformatで取り出した字幕データを、一度assの形にして、libassに渡してあげると、テキストを画像(色と透明度)に変換してくれるので、あとはそれを画像フレームに焼き込む(blend)。透明度は、ほんとは8bitなのだけど、SIMD化の都合上7bitでやったほうが速いのと面倒くさくないのがあって、7bitで処理している。まじめに8bitでやる気はない。

以下3点に注意。
・テキスト形式の字幕のみの対応。
・--sub-copyとは併用できない。
・systemメモリモードが必須のため、d3d11モードを要求する機能(--vpp-rotate等)とは併用できない。

まあblend自体は速いと思うんだけど、systemメモリモードが必須だとか、メモリコピーが増えるだとか、たぶんそういう理由でどうもあんまり速くない。というかなにもしないときに比べ、結構遅くなる気がする。このあたりはまだ最適化の余地があるのかもしれない。

試しにplain textとかsrtとかassとかを焼き込んでみたけど、ちゃんと焼き込めていた。assはこちらで公開してくださっているものでテストしてみた。この字幕はもともとはyoutubeとかに上がっていた動画用らしいのだけど、さすがにいまはyoutubeから削除されているものが多い。でもまあ、この辺ならディスク漁ればむかしエンコしたものがいくらでも…。…なんでもないです。げふんげふん。

・libassのshapingを設定するオプションを追加。(--vpp-sub-shaping <string>)
simple(デフォルト)かcomplex。complexに変えてあげると、少し字がきれいになるかも。

・字幕の文字コードを指定するオプションを追加。(--vpp-sub-charset <string>)
指定しない場合は自動。日本語についてはある程度自動でもよいかも。
指定する場合にはこのへんを参照。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(約234MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCでMFX/GPU使用率を表示するには、MetricsFrameworkRedist64.zipをダウンロードして解凍、MetricsFrameworkRedist64.msiをインストールしてください。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

forcecfr cannnot be used with deinterlace bob

あぅ~
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR