QSVEnc 2.47

前回追加したvpp-sub周りの機能拡張と高速化、さらにSkylakeでのQSVによるVP8/VP9デコードに対応した。

QSVEncC (x64) 2.46 (r1053) by rigaya, Apr 24 2016 20:02:34 (VC 1900/Win/avx2)
reader: raw, avi, avs, vpy, avqsv [H.264/AVC, HEVC, MPEG2, VC-1]
  ↓
QSVEncC (x64) 2.47 (r1071) by rigaya, Apr 29 2016 20:01:11 (VC 1900/Win/avx2)
reader: raw, avi, avs, vpy, avqsv [H.264/AVC, HEVC, MPEG2, VC-1, VP8, VP9]




・SkylakeでサポートされたVP8/VP9デコードを追加。
hybridらしいけど、全体をQSVで処理できるだけで結構速いはず。

・--avsync forcecfr + trimに対応。

・--vpp-subで画像タイプの字幕も焼き込めるように。
これもAVX2 / AVX / SSE4.1 / SSE4.1 pshufb slow対応。

これで、ass/srt/ttxt/txtなどのテキスト形式に加え、pgsなどの画像形式にも対応でき、多くの字幕を焼き込めるようになった。

NicoConvAssなどで出力されるassもコマンド直打ちでは適切に焼き込めている。

・--vpp-subがGPUメモリモードでも動作可能にして大幅に高速化。

・--vpp-subで焼き込む字幕がないときの処理を大幅に高速化(GPUメモリモード時)。

・--vpp-subのデフォルトの並列数を2→3へ。
そのほうが高速。

・--async-depthのデフォルト値をすこし減らした。
やたらとメモリを喰う原因となっていた。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(約234MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCでMFX/GPU使用率を表示するには、MetricsFrameworkRedist64.zipをダウンロードして解凍、MetricsFrameworkRedist64.msiをインストールしてください。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すみません、おま環かどうか分からないんですが、
2.46辺りから、QSVEncCでエンコードしたファイルが
Windows 10標準のビデオ・WMPで再生出来ない気がするんですが、どうでしょうか?

2.45-2.47まで同じスクリプトで同じファイルを同じオプションでエンコードした場合
2.45 ○
2.46 ×
2.47 ×
って感じでした。

mpc-beでは再生出来ました。
Mediainfoはぱっと見同じ、boxdumperは見てません。。。

QSVEncCはx64(x32は試してません)
オプションはこんな感じです。
--la-icq 33 --la-depth 50 --avqsv --audio-copy --tff --i-adapt -i `"$oldfile`" -o `"$newfile`" --log `"$logfile`" --avqsv-analyze 15

Re: No title

こちらだとwmp/mpc-hc/MediaInfoは大丈夫で、Win10のビデオはダメみたいです。

今のところ原因不明ですが、少し調べてみます。

No title

ご指摘いただいた問題ですが、QSVEnc 2.48で修正しました。ありがとうございました。
http://rigaya34589.blog135.fc2.com/blog-entry-780.html

2.46/2.47でダメだったWin10のプレイヤーやwindowsのプロパティ表示がちゃんと出ることを確認しています。

No title

2.48で再生出来ることが確認できました。
ありがとうございました。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR