Pentium J3710で録画PC構築

※2016.07.02 改題

先週あたりからSkylake PCの調子がすこぶる悪く、録画をまかせておけない感じに…。

で、とりあえず、録画環境を新たに作って移すことにした。そんで、ついに昨日無事環境移し終わった。

Pentium_N3700_01s.jpg
クリックで拡大

そして、ちょうど昨日、ついにSkylake PCは力尽きてうんともすんとも言わなくなった。環境移行が終わっていてぎりぎりセーフというべきなのかなんなのか…。悲しい。



新PC 概要
Win8.1 Pro x64 (流用)
SanDisk SDSSDXPS480G (480GB) (流用)
Asrock J3710M (Pentium J3710, 4C/4T, 2.64GHz)
DDR3L-1600 8GBx2 1.35V (SMD-16G28HVLP-16KL-D)
HGST HUH721010ALE600 (10TB, 7200rpm)
IW-CE685/300P (エルミタレビュー)
5インチベイHDDクーラー HDC-502BK
4cmファン CFZ-4010LA x3
P○3 x2
Intel NIC Intel Ethernet Server Adapter I350-T4 v2
カードリーダー

とまあ、こんな構成。



OSはさすがに録画にWin10を使う気になれなかったので、Win8.1にした。

ケース/マザボ/メモリ
DSC_1715ss.JPG

置く場所がほとんど確保できないので、ケースは薄型なものにした。これでもロープロファイルなブラケットならx4、80PLUS PLATINUM 300W電源、5インチベイx1、3.5インチベイx1、2.5インチベイx1となかなか高機能。これらをなるべく生かしていく。

マザーボードはJ3710MというPentium J3710MがオンボードでついてくるmicroATXなやつ。これにDDR3L-1600 8GBx2 (1.35V)を取り付けた。

DSC_1716ss.JPG


PCIex16(x1動作)スロット x1にはLANカード、PCIex1スロットx2にはP○3x2をセットする。LANカードは本来PCIex4のものだが、PCIex1動作となるx16スロットに刺しても問題なく動作する。

DSC_1719ss.JPG


HDDは個人的には冷却しないと不安でしょうがないので、風が当たるようにしたい、ということで5インチベイHDDクーラー HDC-502BK を使用して5インチベイのほうに取り付け、冷却可能にした。ただし、HDC-502BK付属のファンは異常にうるさかったので、4cmファン CFZ-4010LA x3に交換してあげると、だいぶ静かになった。

DSC_1725ss.JPG


2.5インチSSDは5インチベイの裏面に取り付ける。

DSC_1722ss.JPG


このSSDは流用品 (480GB)。ここにOS(Win 8.1 Pro x64)を入れる。

SDSSDXPS480G_01ss


ちなみにHDDはこちら。10TB、7200rpm。今回のPCの費用の大半はこいつだ!

まあ、マザボとケースだとHDDは1台が限界だし、なるべく大きなものがいいだろう、というのと、ディスクは足りなくなって慌てる前に大きめのを買っておいたほうが空き容量とかいちいち気にしなくて済む、というのが買ってしまった理由。

DSC_1714ss.JPG

CrystalDiskInfo
HUH721010ALE600_10TB.png

CrytsalDiskMark
HUH721010ALE600_10TB_Benchmark.png

Seqで245MB/sと、なかなか恐ろしい速度をたたき出していて、さすが7200rpmだな、というかんじ。ランダム系の値もHDDとしては異様によくて、256MBキャッシュが効いてるなあ、と思う。



Win8.1 x64 Proをインストールしてこんなかんじ。

Pentium_N3700_01s.jpg

Pentium J3710は最近発売されたBraswell Refreshで、アイドル時は480Mhzだが、負荷がかかると2.64GHzで動作する。わりとクロックが高く4コアあるので、まあ、ある程度のことは可能。録画ぐらいなら余裕でこなすことができる。

Pentium_N3700_02s.jpg

HDDの温度は結構書き込んだりしても35℃~38℃ (室温24℃~28℃)で、ファンで冷却してる効果はあるのかな、と思う。ファンは、

・電源ファン 8cmx1
・ケースファン 9cmx1
・HDDファン 4cmx3 (交換)

という感じで、CPUもそこそこ冷えている。まだすこしファンがうるさいけど、一番音が大きいのは電源の8cmファンなので、もうどうしようもないかなあ。

あ、ちなみに省電力は気にはしているけど特に目指してはいません。LANカードとか16GBメモリとか7200rpmHDDとかつけてる時点で微妙。省電力にするなら5400rpmのHDDにしてファンなくして、メモリは4GBx1にして、LANカードをなくせばよいのかな?



で、無事環境が立ち上がって安心したら、SkylakePCがうんともすんとも言わんくなりました…。P○3の取り出しなど、いろいろ触ったのでとどめを刺してしまったのだろうか…。

・電源を入れても1秒で落ちる。
・HDDとか取り外しても効果なし。
・BIOSクリア効果なし。
・電源交換効果なし。
・メモリ交換効果なし。

ってことはマザボかCPUですよねえ…。

というわけで、しばらくSkylakeを使ったQSVの検証はできなそう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

HDDファン 12cm 2000rpm上でいいと思う

No title

まさかと思うけどCPUクーラーが浮いて焼き鳥とか
自分はクーラーの留めピンが緩んで焼きました。ww

No title

> 翡璃月様
物理的にはおけるかもしれませんが、12cmファンを設置する穴はないです。

> きんた様
こ、怖い…。

わたしのほうはどうやらマザボだったようです。

No title

ということは次はPentium J3710のQSVの検証ですね!(錯乱)

No title

私もP○3x2です (笑)

No title

>Pentium J3710のQSVの検証
時間あるときにやりたいです…!

No title

10年くらい前に組んだPCで
同じような症状がでたことがあった
原因はマザーボードのショートだった
動作中にケースを揺らして落ちたら
ショートが怪しいかと

Re: No title

なるほど、やっぱりそういう場合マザーボードがあやしいんですね…。
プロフィール

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR