Ryzen7 1700 オーバークロック

この前は、Ryzen7 1700についてくるリテールクーラーを使っていたのだけど、やはりあまり冷えないということがわかった。

そこで、NoctuaのAM4リテンションを入手して、クーラーを昔使っていたNH-D14(レビュー@エルミタ)に交換してみた。

大きさを比べるとこんな感じ。NH-D14はさすがにでかい…。なんというかまずフィンの物量が違う。



装着すると…うーんやっぱでかいな。



前と同じ設定でx265エンコード中の温度を比較すると、

R7 1700 3.6GHz @ 1.225V リテール = 75℃


R7 1700 3.6GHz @ 1.225V NH-D14 = 45℃


75℃→45℃、ということでさすがの冷え方。



マザーボード(Asrock AB350 Pro4)のBIOSが更新され、1.44が出ているので更新すると、これまでCPU-Zに表示される電圧が低すぎてあり得ない数字(0.6Vとか)だったのが一応それっぽい値になった。またこれまでBIOSから電圧・クロック設定を設定してもなぜか2.7GHz固定になってしまったりとよくわからない挙動になっていたのだけど、今回の更新で設定が正常に反映されるようになった。

ついでにメモリのクロックをあげたかったので、4枚刺していたところを2枚にしてみた。そうすると、特に問題なくDDR4-2666, 2chで起動してくれるようになった。調子に乗ってDDR4-2933も試したけど、CLをかなり緩めたり、電圧を1.40Vまで上げてみたりしても、起動する気配なし…。結局、DDR4-2666, 2ch @ 1.225V, 16-16-16-38-1で動かすことに。



さて、クーラーを交換してよく冷えるようになったので、3.6GHzからさらに上げてみると、3.85GHz(1.375V)まで引き上げることができた。まあ、R7 1700でここまで上がれば十分かな、と思う。3.9GHzは1.425Vに設定しても安定しなかったため、さすがにあきらめた。

電圧の設定はちょっと苦労した。例えば、BIOSから1.375Vに設定してシングルスレッドのCinebenchのような軽い負荷をかけると、CPU-Z読みで1.376Vかかっていると確認できる。

Cinebench single
R7 1700 3.85GHz @ 1.375V


CPU-Z 拡大↓



ところが、負荷を強く(CPU使用率100%近く)かけると、すこしづつ電圧が下がっていき、これもあってか高負荷時に安定動作させるのが難しいみたい。まあ、CPU-Z読みが正しいとは限らないけど、でも実際にあり得そうな挙動に見える。

3.85GHz @ 1.375Vの設定で、やっと安定して動作させることができたが、CPU-Zによれば高負荷時の電圧は1.312Vまで下がってしまっている。しかも結構ふらふらしっぱなし…。

CPU温度は64℃と問題ない範囲。ファンの回転数もそこそこで、別にうるさくはない。

x265エンコード中
R7 1700 3.85GHz @ 1.375V(設定値) NH-D14 = 64℃


CPU-Z 拡大↓


CPU-Z読みが実際の電圧とすれば、結構電圧ドロップしているわけだけど、この電圧ドロップの激しいあたりはマザーボードの問題なのだろうか。まあ、Asrock AB350 Pro4はどちらかといえば安価なほうなので、仕方ないのかもしれない。ハイエンドのマザーならLoad Line Calibrationみたいなのがあって、安定した電圧を維持できたりするのかな?



結局、こんな状態になった。
OSWin10 x64
CPURyzen 7 1700
コア数8C/16T
定格動作周波数3.0GHz, TB:3.7GHz
設定動作周波数3.85GHz (All)
設定電圧1.375V
メモリG.Skill F4-3400C16Q-16GRBD (4GBx4) ※2枚のみ使用
メモリ速度DDR4-2666, 2ch
メモリタイミング16-16-16-36-1
メモリ電圧1.225V
マザーボードAsrock AB350 Pro4
BIOSバージョン1.44
SSDPlextor PX-128M3 128GB
ケースAntec P100
冷却Noctua NH-D14+AM4リテンション
電源Enermax EPM600AWT


Ryzen7は8コアCPUにふさわしい性能を持ちつつも値段は安く、なかでもR7 1700の価格性能比は抜群だ。R7 1700はどうしてもあたり外れがあるようだけど、これを3.85GHzまであげられたので、なかなか満足。とにかくエンコード速い。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

発売前のES品から、性能高いのを知っていたので、
1800Xを検討している身としては、CPUクーラーの性能が
高くないと、高クロック動作は厳しいと見てましたが
案の定の結果に、安心しておりますw
エンコードが速いのはシネベンチ回してる生放送で確認済みですが
クロック比で速いのかは、1700かXとの比較が気になる所ですね

メモリ速度に依存しているのは、FX-CPUからの継承でしょう
これは、どのCPUでも、メモリクロックには少なからず依存してますからね
(というのは前置きで)OCをするのであれば、ミドルか
ハイエンドマザーがいいかと
電圧を安定させるには、フェーズ回路が肝ですよ

Re: No title

たしかにリテールのときは1.375Vでも3.7GHzすら通らなかったことを思えば、やはり冷却は大事だなと思います。

やはりOCにはAB350 Pro4はちょっとケチりすぎたかもですね。今となっては、あと5000円ぐらい追加してX370 Gaming K4あたりにしとけばよかったかなあ、と思います。

No title

高負荷時に電圧が下がるのは、Ryzenがに実装されているPure Powerという機能が発動してるんでしょうね。
クロックを維持しながらなるべく電圧を下げて消費電力を抑えるようにする機能だそうです。

Re: No title

なるほど、手動で電圧を設定しているので、関係ないかなと思っていましたが、もしかするとPure Powerも理由の一つかもしれませんね。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR