ffmpegOut 0.06

・ファイル名に"."があると、出力ファイル名が意図したように設定されないのを修正。

コンパイラがVC++2012からVC++2015に変わったので、もし入っていなければVisual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ を入れてください。



ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

vp9(WebM)で出力する際、音声のエンコーダで何を選んでも出来たWebMファイルの音声がVorbisになるのは仕様なのでしょうか?

Re: No title

webmに入れられる音声コーデックはvorbisかopusになると思います。

他の音声コーデックを使用する場合には、webmでなくmkvなどに入れてあげてください。

No title

opusを選んでもopusのファイルがwebmとは別に出来て、webmにはvorbisの音声が入っている状態です。
mkvでopusを選んだとしても同じ状況になります。
出力ログを見ると、元の音声をopusにした後にvorbisに再変換してるようにも見えますが…
↓がそのログの一部になります。

Stream mapping:
Stream #0:0 -> #0:0 (rawvideo (native) -> vp9 (libvpx-vp9))
Stream #1:0 -> #0:1 (opus (native) -> vorbis (libvorbis))

Re: No title

確かにいただいたログですと、なぜか再変換していますね…。

webm出力でもこのような感じでopusはmuxできると思います。

Stream mapping:
Stream #0:0 -> #0:0 (rawvideo (native) -> vp9 (libvpx-vp9))
Stream #1:0 -> #0:1 (pcm_s16le (native) -> opus (libopus))

下記urlにvp9 + opusで出力するffmpegOut用のプロファイルを置きましたので、ffmpegOut_stgフォルダ内において使用してみてください。
https://1drv.ms/u/s!AsYziax1Q91rrwAgXLnai9VSC0mV

No title

横から失礼します。

音声が変換されてしまうのは-c:a copyが付いていないからではないでしょうか?
FFmpegの入力ソースにopusを指定しても音声エンコード設定が無指定の場合、コンテナの規定のコーデックで変換されてしまいます(今回の場合ではVorbis)

No title

頂いたstgファイルを使用した結果、vp9+opusのwebmが作れました!

原因と思われるのは、プロファイルから「vp9(webm)」を選んだ後に右の音声の部分で「opus ogg」を選んで出力していたからのようです(opusenc.exeは導入済み)
この場合、右側でopusを選んでもコマンドの部分がvorbisのまま(これに気付けませんでした)なので、ソース音声をopusにしてからvorbisに再変換になってしまったようです。

x264guiExのように右側の音声部分を変えるだけで平気と思い込んでいた私のミスみたいです。
ffmpegOutの場合は右の音声部分はwavのままで、コマンドで指定するべきなのですね…
お騒がせして済みませんでした。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR