PC入れ替え その2

昨日Asrock Z97E-ITX/acJONSUBO U2からAntec ISK-110 VESA-U3に移すところを書いたので、今度は本題のKabylakeをAntec P100からJONSUBO U2に移す話。(今日はコミティアとか秋葉とか行ったので実際に作業したのは昨日)

まず、Kabylake(i7 7700K)を載せていたマザーはAsrock Z270 Extreme4というATXのマザーなので、このままではJONSUBO U2には入らない。そこで、Asrock Fatal1ty Z270 Gaming-ITX/acを調達したけど、うーん、ちょっとお値段が高かった…。

使っていた7700Kはそのまま流用したけど、Antec P100に14cmx2の簡易水冷の冷却でも温度的に冬:4.9GHz@1.344V / 春: 4.8GHz@1.300Vがやっとだった。JONSUBO U2では、冷却が以前より格段に弱くなるので、だいぶクロックを落とさないといけないかなあ、と思っていたけど、調整した結果4.6GHz@1.184Vまで落とすことになった。まあ、Mini-ITXだし、しょーがない…。

エンコード中で85℃…ぎりぎりというかアウトかなあ。



あの忌々しいグリスがハンダだったら、このぐらいの発熱どうということはないはずなのだが…。こういうの見ちゃうとほんとになんだかなあ、と思う。もしかしてそのためのKabylake-X?


移動前移動先
CPUCore i7 7700K
コア数4C/8T
定格Clock4.2GHz (TB: 4.5GHZ)
設定Clock4.8GHz4.6GHz
動作電圧1.300V1.184V
キャッシュ容量L3=8MB
使用メモリCorsair
CMK16GX4M2B4000C19R
(8GBx2)
メモリ設定速度DDR4-3600, 2ch
メモリタイミング16-16-16-36-1
メモリ電圧1.35V
マザーボードAsrock
Z270 Extreme4
Asrock
Fatal1ty Z270 Gaming-ITX/ac
SSD1Plextor PX-256M6Pro
SSD2Sandisk SDSSDXPS480G
SSD3Sandisk SDSSDHII480G
SSD4Sandisk SDSSDHII480G
dGPUなしMSI Radeon RX460 2G OC
ケースAntec P100Jonsbo U2
冷却CRYORIG A80 (14cmx2)Enermax
LIQTECH 120X
(12cm x1)
OSWin10 x64


詰め込むとこんな感じ。もうぎゅうぎゅうですね…。



Jonsubo U2はMini-ITXケースの中では拡張性が高くて、ある程度の大きさの電源が入るし、GPUも180mmぐらいまでなら入るので、結構便利。(GPUは一応220mmまで物理的には入るらしいけど、実際に入れるのは厳しいと思う)

ただ、実際に組み込むのは相当大変で、配線とかよく順番を考えながら組んでいかないと、手が届かない→配線できないとかでやり直す羽目になるなったりする。あと、わりとよく手を怪我する(笑)

その分、組み上がってちゃんと動いたときの達成感はなかなか。

冷却は、一応12cmx1で排気できるのだけど、吸気のほうが微妙で、吸気ファンというのが設置できないのが難点。一応ケースの前方に12cmx1を設置できるけど(写真右側)、完全に吸気用というわけではなく、ケース内の空気を吸うような位置なので、意味があるのかどうか微妙なところ。これが完全な吸気ファンだったらもうちょっと冷えたんじゃないかなあ、と思う。



2.5インチベイは本来2台なのだけど、無理くりSSDを4台入れてみた。(2台重ねてる)

GPUのファンとSATAケーブルが干渉しないようにするの相当大変だった…。



Plextor PX-256M6Pro / Sandisk SDSSDXPS480G



Sandisk SDSSDHII480Gx2



SandiskのSSD 3台でIntel Rapid Storage Technologyを使って、ソフトウェアRAID0を組んでみた。まあ、全部同じ製品ではないので微妙だけど、それでもかなりの速度が出る。まあ、大きなデータをコピーとかしない限り、体感は殆ど変わらないから、だからなんだ、となってしまうのがSSDのRAIDの悲しいところだけど、それでも3台で1.7GB弱のRead性能というのはすごい。







CPUの電圧はBIOSからFixed Modeで1.185Vに設定、LLCはLevel 2にした。x265エンコード中の電圧はCPU-Z読みで設定値通りの1.184V。LLCをLevel1にするとやや設定値より盛られるみたい。

まあ、1.184Vで4.6GHz回るというのはさすがKabylakeというところだけど、そのわりには温度が結構上がるんですよねえ…。まあMini-ITXだと風量が絶対的に足りないのでしゃーなしではある。



Uncoreは4.3GHz, メモリはDDR4-3600で問題なく動作した。



BIOSは最新の2.10。



4.6GHz @ 1.184Vでx265エンコ中に85℃…やっぱり厳しいなあ…。ファンの回転数も1600rpm前後と、ややうるさいレベル。x265はOCCTほどじゃないけどAVX2を多用するせいかかなり熱くなる。



もちろん、クロックを落としたと入っても4.6GHzで回るわけだし、小型ケースとしては十分な性能で、ややうるさいことを除けばよいPCになったと思う。



といわけで、GWで暇なうちに一連の入れ替えが完了して、Antec P100を空けることができた。しばらくは空けたまま放置することになりそう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎度有り難くいろいろ利用させてもらっています。

TS→m2vから、簡単にAVIUTLで字幕入りMP4作成するのためのプラグイン開発できませんか?(^^;
CMカットしたりすると難易度と言うか面倒になりすぎて・・・

一応、要望ってことで。

Re: No title

あまりやったことはないのですが、カット編集するとたしかに面倒そうですね。

ただ、読み込みの方から考えないといけないのかもしれませんし、字幕はあまり詳しくないのでわたしでは難しいです…。


No title

開発の方向性違いますもんねえ
わがままなお願いしてスミマセン

KabyLake-Xのグリス

結局4コアどころか従来のEのラインもグリスバーガーになってしまったようですね・・・・・・。
そもそもIntelのソルダリングはAMDのものと比べて熱伝導率が低いことで有名ですし、これはもうあきらめて割るしかないのでは?。

Re: KabyLake-Xのグリス

ほんとグリスはろくあことがないのでやめてほしいところなのですが、残念ですね…。

ただ、値段が値段だけに気軽に割るわけにもいかないのが辛いところです。

チップの面積自体は増えているので、グリスでも4コア製品よりはある程度はましかなあ、という気がしますが、そうなるとSCCのものはあまり買いたくないですね。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR