QSVEnc 2.64

ひさしぶりの更新だけど、大きな機能の追加とかはなく、細かい調整とか。

QSVEnc 2.63



[共通]
・d3d11モードでも10bit深度のエンコードを可能に。
dGPUがある環境でも10bit深度のエンコードが可能に。

・Windowsのビルドバージョンをログに表示するように。

・32で割りきれない高さの動画をインタレ保持エンコードできない場合があったのを修正。

[QSVEnc.auo]
・簡易インストーラを更新。

[QSVEncC]
・ffmpegと関連ライブラリのdllを更新。

・HEVCのGPB無効化が使用できなくなっていたのを修正。

・QSVデコード時の安定性を改善。

・vpyリーダー使用時に、エンコードを中断しようとするとフリーズしてしまう問題を修正。

・avsw読みでYUV444のソースを読み込めるように。

・字幕のコピーが正常に行われない場合があったのを修正。

・Intel Media SDKの使用するスレッド数を指定するオプションを追加。(--mfx-thread <int>)
"2"以上で指定できるが、0や1にはできない。デフォルトは自動( = 論理プロセッサ数)。
なるべくCPU使用率を下げたい場合に、--mfx-thread 2 とすると、すこしだけCPU使用率が下がるかもしれない。



QSVEnc 2.64



[QSVEnc.auo]
QSVEnc 2.63でAuoLinkモードが正常に動作しなかったのを修正。

[QSVEncC]
QSVEnc 2.63でavi読み込みしようとするとエラー終了してしまう場合があったのを修正。



QSVEnc ダウンロード>>
ダウンロード (ミラー) >>
OneDriveの調子がいまいちの時はミラー(GDrive)からどうぞ。同じものです。

QSVEncBenchmark.zipはベンチマーク用です。(約234MBと重いので注意)。run_benchmark.batをダブルクリックで実行です。

QSVEncCのオプションについてはこちら。
QSVEncCオプション一覧>

ソースはこちら


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも有難く使用させて頂いています。

さっそく QSVEnc 2.62 が動作している環境に上書き導入してみたのですが

アドレス 0x004ef04 で例外 0xc0000094 が発生しました
発生モジュール: aviutl.exe
オフセットアドレス: 0x004ef04
備考: OUTPUT_PLUGIN_TABLE::func_output() [拡張 QSV 出力]

とダイアログが表示され、QSVEncエンコードを開始してすぐに AviUtl
ごとフリーズしてしまうようになりました。

ログウィンドウにはエラーや警告は表示されていません。

DLLについては QSVEnc 2.63 に同梱されている x86 フォルダ内のものを AviUtl フォルダへ上書きしたのですが、まだ何か動作要求を満たしていない可能性があるでしょうか。

エンコードはAuoLinkモードです。
リサイズ及びインタレ解除(60bob)は QSVEnc 内で行っています。

音声は qaac 、チャプターコピー利用といったセッティングなのですが、どこかしら設定を変更したしょうがよいのでしょうか。

以前 「 Kabylake の QSV は VP9エンコードに対応しましたが、QSVEnc でも将来的に対応したりするでしょうか 」といったような内容のコメントを書き込みを行いました。

その理由として「 VP9 で Youtube へアップロードすると 1080p60
がすぐに閲覧可能になるから 」と述べたのですが、最近 Youtube へ QSVEnc でエンコードした H264AVC の mp4 をアップロードしてみたところ、すぐに 1080p60 が読み込み可能な状態になることが分かりました。
( QSVEnc での設定は、Youtube が推奨しているセッティングに合わせました )

アップロードした映像は数分の短いものだったので、何十分といった再生時間の長い mp4 の場合でも同様の結果になるかは分かりませんが、わたしが VP9 に期待していた効果が H264AVC でも問題なく発揮されることがわかりましたので、一応こちらで報告を上げさせて頂きます。

Re: No title

問題を報告いただきありがとうございました.

AuoLinkモードで動作しない件、QSVEnc 2.64で修正しました。

No title

AuoLinkモードにて正常にエンコードが行えるようになりました。

修正ありがとうございました (^ ^

No title

初めまして。
こういったレポートは初めてなのでうまく伝わるかどうかわかりませんが、
私の環境では2.63以降のQSVEnc.auoで以下の現象が発生しています。

現象:エンコードした動画が縦上方に色ずれし、画面最下部に緑色の帯が
   表示される(ベタ塗りではなく、動画が透けて見える)。
   h264指定時、縦幅が16の整数倍の時には発生しない。
   h265指定時、縦幅が32の整数倍の時には発生しない。

環境:Windows10 home 64bit (Creators Update適応済み)
   CPU Corei7-6700(Skylake)
dGPU AMD Radeon RX470
   QSCEncはreadme.txtに従い手動インストール

動画をキャプチャしたものからの目測なので不正確ですが、画面最下部の
緑色の帯の縦の幅(=色ずれの量?)は、以下のような感じです。

動画サイズ  h264指定時  h265指定時

1280x704   なし     なし
1280x712   16ドット   48ドット
1280x720   なし     32ドット
1280x728   16ドット   16ドット

(aviutlのリサイズフィルタでリサイズ後、QSVEnc.auoでエンコード)

なお、aviutlですべてのフィルタを無効にして1440x1080のtsファイルを
単にエンコードしただけの場合も色ずれは発生しています。

こんな色ずれが動作確認から抜けるとも思えないので、何か私の環境固有の
ような気もしますが、
・QSVEnc.auo,QSVEnc.stg,QSVEnc.iniを2.62以前に戻すと発生しない。
・2.63以降でも縦方向が32の倍数の場合は発生しない。
・QSVEnc_readme.txtによると、2.62以降の動作確認はKabylakeで
行われている。
といった点から思うに、2.63以降でfixされた
「縦方向が32の倍数でない場合にインタレースが保持されないことがある」
の修正とCPUがSkylakeであることの組み合わせが発生要因である可能性は
ないでしょうか。ご確認願えれば幸いです。

以下、エンコード時のログです(h265,1280x720,インターレース解除,afs)

auo [info]: FAWCheck : FAW, full size
qsv [warn]: cop.PicTimingSEI value changed off -> auto by driver
qsv [warn]: cop3.DirectBiasAdjustment value changed off -> auto by driver
qsv [warn]: cop3.GlobalMotionBiasAdjustment value changed off -> auto by driver
qsv [info]: QSVEnc (x86) 2.64 (r1308) by rigaya, Jun 10 2017 11:37:40 (VC 1900/Win/avx2)
qsv [info]: OS Windows 10 x64 (15063)
qsv [info]: CPU Info Intel Core i7-6700 @ 3.40GHz [TB: 3.98GHz] (4C/8T)
qsv [info]: GPU Info Intel HD Graphics 530 (24EU) 1150MHz (21.20.16.4678)
qsv [info]: Media SDK QuickSyncVideo (hardware encoder) PG, 2nd GPU, API v1.23
qsv [info]: Async Depth 4 frames
qsv [info]: Buffer Memory d3d11, 3 input buffer, 14 work buffer
qsv [info]: Input Info auo(yuy2)->nv12 [AVX2], 1280x720, 30000/1001 fps
qsv [info]: Output HEVC main @ Level 4
qsv [info]: 1280x720p 1:1 29.970fps (30000/1001fps)
qsv [info]: Target usage 1 - best
qsv [info]: Encode Mode Constant QP (CQP)
qsv [info]: CQP Value I:22 P:25 B:27
qsv [info]: QP Limit min: none, max: none
qsv [info]: Trellis Auto
qsv [info]: Ref frames 4 frames
qsv [info]: Bframes 3 frames, B-pyramid: off
qsv [info]: Max GOP Length 300 frames
qsv [info]: Scene Change off
auo [info]: 自動フィールドシフト on
qsv [info]:
qsv [info]: encoded 2158 frames, 66.96 fps, 2190.14 kbps, 23.50 MB
qsv [info]: encode time 0:00:40, CPU: 34.92%, GPU: 5.75%, GPUClockAvg: 526MHz
qsv [info]: frame type IDR 1
qsv [info]: frame type I 9, total size 0.49 MB
qsv [info]: frame type P 540, total size 11.73 MB
qsv [info]: frame type B 1610, total size 11.28 MB
auo [info]: QuickSyncVideoエンコード : 0時間 0分40.4秒
auo [info]: drop 540 / 2698 frames

あと、これは関係ないとは思うのですが、QSVEncの設定画面の「機能情報」
タグの表示で、全部の項目が×になっているのは、これで正常なのでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

v2.63~v2.65での色ズレ的映像崩壊

上でred10さんが報告しているAviUtl+QSVEncでの色ズレ的な
映像崩壊ですが、Haswell環境でもv2.63~v2.65で発生します。
v2.65のQSVEncC(CUI)にYUY2のavsを渡した場合でも同様の問題が発生しますので、
yuy2->nv12変換がおかしくなってしまっているのではないかと。
試した限りではYV12は問題なさそうです。

ログ:
https://pastebin.com/9J8KvmLG

Re: v2.63~v2.65での色ズレ的映像崩壊

> red10様、Tac様
詳細に報告いただき、ありがとうございます。

ご推察のように、yuy2→nv12のAVX2版が壊れています。修正します。

> red10様
機能情報の「全部の項目が×」というのは普通は怒らないはずです。こちらの環境では、そうはなっていませんが…。

YUV422について

すみません、念のためもう1点質問させて下さい。
 QSVEncC --avsw -i i422.mp4 -o out.mp4
といった感じでavsw入力でi422なファイルを渡すと
 avsw: Invalid pixel format from input file.
というエラーになります。
v2.63でavswでのYUV444読み込みに対応しましたが、
YUV422は今のところ対象外ということでしょうか。
(その場合、できればマニュアルの--avswの説明に対応ピクセルフォーマットの記述があると良いかなと思った次第です)

Re: YUV422について

残念ながら現状、avswからのyuv422は対応していません。

これはいまのところ、libavcodecの返すyuv422からnv12への変換ができないためです。たしかにこのあたりは一度整理したほうが良さそうです。

機能情報が全て×になる件

rigaya様

機能情報の件ですが、iGPUにディスプレイを接続しない状態の時に、全て×になるようです。

普段はdGPUのみに二台、ディスプレイを接続しているのですが、うち一台をiGPUに繋ぎかえてみたところ〇が表示されるようになりました。

No title

v2.66での修正を確認いたしました。
質問への回答も含め、ありがとうございました。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR