LG 32UD59-B (4Kモニタ)を買った

まあ、タイトルのとおりだけど、32UD59-Bを買ってみたので、感想とか。

ただ、まあこれはグレア信者の感想なので、「ノングレア派」なひとはその辺割り引いたりして読んでくださいな。

ノングレア派と宗教戦争したいわけではないんです、許してください…





もともとの環境



そもそもなんでモニタを買いたくなったかというと、もともとはfullHD2枚で使っていたのだけど、画面が狭い…と感じるようになって、4Kモニタが欲しくなったから。まあ、あとはデュアルディスプレイは表示面積が比較的簡単に広がっていいんだけど、視野の中央に仕切りがあるのはちょっと…という感じ。

左: 三菱 RDT235WLM-S(BK) 23型 fullHD, TN, グレア
右: 三菱 RDT235WX(BK) 23型, fullHD, IPS, グレア (紹介記事)

まあ、グレア信者なことがよく分かる構成…。



こういう記事を書かれると、まあ、欲しくなるわけですよ…。
PCWatch - 4K修行僧 - 27型4K液晶とはどんな環境なのか。ひとまずスケーリング100%で使ってみる



なにを買うか



ただ、どれを買おうかな…と言ったときに、かなり困ってしまった。というのも、4K/IPS or VA/グレアで検索すると、まあ、非常に数が少なく、あったとしても残像が…とかでなんか皆さんの評価が低めだったりで、ここ1~2年はほしいな、と思っては諦める、ということを続けていた。

どうしてもグレアで4K、となるともうiMacとかを除けばテレビしかないのかもしれない。ただ、テレビになるとたいてい40型以上になってしまって、置けなくはないけど、ぎりぎりだし、そもそも視線移動の範囲が広くなりすぎることを考えるとちょっと40型は厳しかったりする。(あまり奥行きがない場所に置くので…)

というわけで、まことに遺憾ながらグレアを諦めることにすると、いろいろあるわけだけど、とりあえず最近出た

LG 32U99-W
LG 32U59-B

あたりが面白そうだった。比較すると…

LG 32U59-BLG 32U99-W
画面サイズ31.531.5
解像度4K4K
パネルVAIPS
表面処理ノングレアノングレア
表示色約10.7億色約10.7億色
HDRHDR10対応
視野角(水平/垂直)178度/178度178度/178度
輝度300cd/m2350cd/m2
コントラスト比最大500万:1
通常3000:1
最大500万:1
通常 1300:1
応答時間4ms5ms
色域DCI-P3 95%sRGB 99%以上
DCI-P3 95%
入力端子DPx1 / HDMIx2DPx1 / HDMIx2
値段 (※2017/09時点)税込み 約7万弱税込み 約12万弱


32UD99-Wのほうが上位機種で、特にHDR10に対応しているところがポイントになっていいて、非常に人気だという話を聞いた。(なのでググっても32UD99-Wのレビュー記事ばかり見つかる)

一方、それ以外の特徴として違うのは32UD99-WはIPS、32UD59-BはVAだという違い。

・IPSは視野角が圧倒的に広い
・VAは視野角が狭いが、コントラスト・応答時間が優秀

実際に32UD99-Wを店頭で見ると、やはりノングレアの特徴として黒が白く浮いているのが気になってしまった。(ただ、店の明かりは家よりは結構明るいので、割り引いて考える必要はある)

32UD59-Bもノングレアなので、それほど変わらないのかもしれないが(32UD59-Bは店頭展示がなく、買うときには比較しての確認はできなかった)、やはりグレア派としてはコントラストを重視したほうがいいかな、というのと、まあ、正直言うと値段の差もあって、32UD59-Bを買うことにした。




LG32U59-B



組み立ては工具いらずで、ちょっと重いので慎重にやる必要はあるけど、非常に簡単だった。いままで縁がなかったので、はじめてDisplayPortを使った。

設置するとこんな感じ。


4Kモニタにはドット抜け保証がつかないという話だったので、若干不安だったが、特に気になるところはなくて一安心。

台座はモニタの重さに十分対応したもので、不安定なことはなく、しっかりしていた。ベゼルは上10mm、下14mm、左右12mmと、上位製品の32UD99-Wほどではないものの、最近の製品らしく細め。全体のデザインはシンプルですっきりしていて、いい感じ。



本当はモニタをもっと奥(写真右側)に置きたいのだけど、JONSUBO U2が邪魔をして無理だった…。JONSUBO U2を写真下側にずらすというのも机から落ちてしまうので難しい。

こういうのとかで、細いケースにしてみたいなあ…。



モニタの設定



モニタの下にスティックがあって、それで操作していく感じ。スティックだと、画面の下とかに余計なボタンとかがつかないので、デザインがすっきりしていいと思う。

まずスティックを押すと、こんな表示が出て、右に倒すと細かい設定に行ける。



明るさの調整とかをして、すこし暗めに変更したりした。初期設定は、だいたいどこもそうだけど明るめになっている事が多い。設定項目はひととおりは揃ってるんじゃないかなと思う。



















OSの設定とか



GTX1060から付属のDisplay Portケーブルで接続。いままで縁がなかったので、はじめてDisplay Portを使った。

特に問題なくあっさりと4K60pで接続された。ただ、はじめは8bitで接続されていて、10bitにするために設定を変更する必要があった。(「出力の色の深度」を10bpc)



このあたりは、例えばHDMIでつなごうとすると特にだけど、GPUの対応とかも影響してくるので、そのあたりはちゃんと確認しないといけない。可能ならDisplayPortを使うのが無難な気がする。

32型 4Kは表示される情報量が多くてよいのだけど、さすがに96dpiだと字が細かすぎて厳しい。なので、OSの設定からスケーリングを125%にすると、ちょうどいい感じだった。



スケーリングをオンにしたうえで、特定のソフトだけスケーリングをオフにするには、プロパティから「高いDPIスケールの動作を上書きします。拡大縮小の実行元:」を「アプリケーション」にする。



こうするとOSのスケーリングを有効にした場合でも、例えばAviutlではドットバイドットでプレビュー画面が表示されるようになる。

あと、解像度が大きくすぎて、マウスを大きく動かさないといけなくなってしまったので、そこも調整。スクロールの速度をすこしだけはやめに設定した。






画質とかの感想



発色の正しさとかはあまり詳しくないのだけど、箱にその個体のキャリブレーションシートが入っていて、調整はある程度やっているみたい。わかる範囲で言うと、気になる色むらがある感じではなかった。またもちろん、応答速度は問題なく残像が気になったりはしなかった(まあVAパネルなのだし)。

そして、4Kパネルだけあってその精細感はさすがだった。特に4K以上の動画や静止画を表示すると、高精細さは感動的。また、32型は、モニタとしては大画面なので、動画も結構な迫力で見られると思う。

ただ、やはりグレア派としては、ノングレアパネルはどうしても黒が白く浮きやすい点は気になってしまう。それでも32UD99-W(IPS)を店頭で見たときよりはあまり気にならなかった。ただそれが単に店頭で見たときと環境が違い、そこまで明るい環境ではないからなのか、それとも32UD59-BがVAパネルで、コントラストが高く出やすいからなのかは、よくわからない。

32型 + 4Kによる表示量の多さには満足。買ったかいがあった。

Aviutlでドットバイドットでプレビューしながら、Visual Studioでコードを表示…とか。fullHD液晶でfullHDの編集は等倍では厳しく、たいてい50%でやっていたので、Aviutlを普通に等倍で見られるのは嬉しい。



あとは3分割にしてソースコードを並べてみたりとか。コードをこれだけの行数一気に見られるのは素敵。



エクセルとかAU列 x 82行。



やはりこれだけの情報を一気に表示できるというのは、ページ送り・画面切り替えをしなくて済むという点で非常に快適。

まあ、ソースコードなら似たようなことはfullHD縦置き2枚とかでもできなくはないけど、そうするとやはり中央に枠が来てしまうのが若干邪魔くさい感じがあるので、1枚で実現できるのに越したことはない。

ただ、大きいことの弊害はあるわけで、画面の端の方は目をそれなりに動かさなくてはいけないし、視線と画面との角度が相当ついてしまい、また画面中央とは反射する光が変わってしまうことで色がすこし変わって見えてしまう。なので、これ以上大きいのはいまの置き場所では厳しいかな、という感じ。



madVRで10bit出力



せっかく10bit出力ができるようになったので、10bitで動画再生できるようにしたい、ということで、madVRで設定してみた。

まず、[devices] > [LG Ultra HD] > [properties]で、native display bitdepthを10bit (or higher)に設定する。


つぎに、[rendering] > [general settings]で
・enable automatic fullscreen exclusive mode
・use Driect3D 11 for presentation
をそれぞれ有効にする。


普通に再生すると、D3D11 windowed mode (8bit)


ここで全画面表示にすると、D3D11 exclusive mode (10bit)となり、10bitで出力されるようになった。


え、違いがわかるかって?

わかりません。



というわけで、32UD59-Bでかなり画面が広がって、一度に多くのものを表示できるようになり、目的は達成できたし、4Kらしい高精細感もさすがで、4Kにしてよかった。

画面の大きさゆえに端のほうがちょっと気になること、そしてノングレアなことは気になるものの、現状あまりグレアは人気がないようなので仕方ないのかなと思う。

4Kモニタははじめてだし、あまり多くのモニタを使ったことがあるわけではないので、細かくあそこがいい、あれが悪いとか言えるわけではないけど、上の2点以外はそれほど気になる点もなく、よかったかなと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4Kいいですね!

いつもguiExのお世話になっております。

ノングレアの液晶に、ピタリと貼るタイプのグレアの保護フィルムを貼ると、かなりグレアになりますよ。
粘着剤がノングレア処理の細かい凹凸を埋めてくれる感じです。
表面処理とフィルムの相性があるかもしれませんが、簡単にグレア化できますのでお勧めです。

当方はCintiq13HDという液晶ペンタブレットをグレア化して使っております。

Re: 4Kいいですね!

情報ありがとうございます。

ただ32型と大きいので、きれいに貼ることそのものが難しそうで、保護フィルムはちょっと挑戦できていない感じです。(以前21型ぐらいでも結構…いやまあ、自分が貼るの下手なだけなんですが…)


市販のノートPCもデスクトップPCも4K液晶を積極的に採用して、スマホやタブレットのようにRetinaスケーリングが当たり前になる日が来てほしい

32U59BってVAパネルなんですね

IPSと比べてコントラスト比に優れるパネル特性が映像作品の視聴には適しているということで、日本のテレビメーカーでは液晶テレビにはVAパネルを採用する傾向にあるそうなので、PC用ディスプレイにもIPSパネルばかりでなくVAパネルも増えていって欲しいなあと密かに願ってます (・.・)

スクリーンに光沢があるかどうかについては「 そのスクリーンで何をするのか 」によって使い分ける時代になったんじゃないかと。

あくまで個人的な見解ですが、スマホ・タブレット・テレビなど 「 コンテンツを消費するためのデバイス 」 ではグレア、一方で 大型のディスプレイを接続するようなデスクトップPCなど、クリエイティビティな作業をもカバーするデバイスではノングレア、といったように各々に適した用途が存在しているだけだと思えるようになりました。

Re: 市販のノートPCもデスクトップPCも4K液晶を積極的に採用して、スマホやタブレットのようにRetinaスケーリングが当たり前になる日が来てほしい

IPSは視野角が広いというのがメリットだと思うのですが、PCモニターでそのメリットが生きることはあまりない気がするので、VAでいい気がするんですが、どうなんでしょうね…。

ノートPCとかタブレットは…もちろん4Kのほうがいいのですが、まずはfullHDを当たり前にしてほしいです…。いまだに1280x800とか1366x768とかいう、狭すぎる解像度が生き残ってるのは困ったものです。(まあやっと廉価品だけになってきましたが)

No title

液晶ディスプレイのうち1台とリビングのテレビを近うちに買い換えそうなので、そのときはVAパネルを採用している機種から探してみようかと考えてました。
( PCもテレビもほぼ真正面に座って使うので )

VAパネルが左右の視野角に弱いと言っても、色相の反転に近い変位を起こすTNパネルと比べればその変位量は格段に少ないことや ( それでも もし色が変位する角度でしかテレビを見れない状況であれば、テレビは見ずに他のことをすると思います… )、IPS比で黒浮きがだいぶ低減できるVAパネルは わたしの用途にピッタリなんじゃないかと。

-------------------------------------------------------

エントリー帯のノートPCで特に1366x768 はしぶとく残ってますよね…

Chromebookなんかも何故か1366x768が多いです。
今月発表された各社の新機種でも1366x768なんです。
せめて1920x1200ぐらい、もしくはppiが300前後になるようなパネル解像度にしてほしい…

一度Retinaスケーリングに慣れてしまうと、1080以下のドットバイドット表示では物理的なピクセルが気になってしまいます。
プロフィール

rigaya

Author:rigaya
アニメとか見たり、エンコードしたり。
連絡先(@を半角にしてください!)
rigaya34589@live.jp
github

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
いろいろ
公開中のAviutlプラグインとかのダウンロード

○Aviutlプラグイン
x264guiEx 2.xx (ミラー)
- x264を使用したH264出力
- x264guiExの導入>
- x264.exeはこちら>

x265guiEx (ミラー)
- x265を使用したH.265/HEVC出力
- x265.exeはこちら>

QSVEnc + QSVEncC (ミラー)
- QuickSyncVideoによるH264出力
- QSVEncCはコマンドライン版
- QSVEncC 導入/使用方法>
- QSVEncCオプション一覧>

NVEnc + NVEncC (ミラー)
- NVIDIAのNVEncによるH264出力
- NVEncCオプション一覧>

VCEEnc + VCEEncC (ミラー)
- AMDのVCEによるH.264出力

ffmpegOut (ミラー)
- ffmpeg/avconvを使用した出力

自動フィールドシフト (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: aji様

エッジレベル調整MT (ミラー)
- エッジレベル調整の並列化/高速化
- SSE2~AVX対応
- オリジナル: まじぽか太郎様

バンディング低減MT (ミラー)
- SSE2~AVX2による高速化版
- オリジナル: まじぽか太郎様

PMD_MT (ミラー)
- SSE2~FMA3による高速化版
- オリジナル: スレ48≫989氏

透過性ロゴ (ミラー)
- SSE2~FMA3によるSIMD版
- オリジナル: MakKi氏

AviutlColor (ミラー)
- BT.2020nc向け色変換プラグイン
- BT.709/BT.601向けも同梱

○その他
x264afs (ミラー)
- x264のafs対応版

aui_indexer (ミラー使い方>)
- lsmashinput.aui/m2v.auiの
 インデックス事前・一括生成

auc_export (ミラー使い方>)
- Aviutl Controlの
 エクスポートプラグイン版
 エクスポートをコマンドから

aup_reseter (ミラー)
- aupプロジェクトファイルの
 終了フラグを一括リセット

CheckBitrate (ミラー, 使い方, ソース)
- ビットレート分布の分析(HEVC対応)

チャプター変換 (ミラー使い方>)
- nero/appleチャプター形式変換

エッジレベル調整 (avisynth)
- Avisynth用エッジレベル調整

メモリ・キャッシュ速度測定
- スレッド数を変えて測定

○ビルドしたものとか
L-SMASH (ミラー)
x264 (ミラー)
x265 (ミラー)

○その他
サンプル動画
その他

○読みもの (ミラー)
Aviutl/x264guiExの色変換
動画関連ダウンロードリンク集
簡易インストーラの概要

○更新停止・公開終了
改造版x264gui
x264guiEx 0.xx
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR